2014年09月04日

FB 半分利確

FBを半分利益確定。
平均購入単価$24、売り指値$77、買値の約3倍なので、まずまずといったところです。
これで、米国株は、GoogleとFacebookの割合がほぼ同じになりました。

現在の米国株
GOOG
FB
GSG
DBA

米ドルのキャッシュポジションは、70%!!
そろそろ少しずつ円に変えていこうと思っています。


2014年06月03日

AAPL 売却

Apple株を全て売却しました。
端末販売への依存率が高いので、革新的な製品が出ない限り、そう多くは期待できないと…
自分はアップルフリークなので、少し厳し目に見過ぎているのかもしれませんが。

2014年04月24日

AAPL 2Q, FB 1Q

アップル、予測を上回る第2四半期決算を発表--増配と株式分割も
Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2014/04/24 08:09

結構、懸念していましたが、杞憂に終わりました。
iPhone強し。
今後はiPhone6次第といったところでしょうか?

iPadはさすがに目新しさにかけましたね。
増配に株式の買い戻し、、、ずいぶん企業のステージが変わったものです。

Facebook、Q1決算も好調―売上25億ドル、広告売上の59%はモバイル、ユーザーは12.8億人、モバイルは10.1億人
JOSH CONSTINE2014年4月24日 TECHCRUNCH JAPAN

上場直後のモバイル懸念はどこに、、、
モバイルへの対応はお見事!
まあ、やはりFacebookはよく使います。
友達のみへの公開だと使い易いですね。

とはいえ、AAPL, FBともに、株式的には難しいなあ、、、

2013年12月13日

1ドル103円

アップルの買い戻しも今のところ成功。
ジョブズさんいないけど、対抗馬が弱いからなあ。
とはいえ、グーグルさんも1000ドル超え。
フェイスブックも安いところをせっせと拾っていたおかげで2倍越え。

資源関係や食料がらみの商品は横ばいのままですが、2割近くも円安ドル高になったこともあり、キャッシュが3-4割もあるドル資産は予想外に増えています。
最低だった時から新規投入なしで3倍近くになっちゃった。
アメリカの金融緩和が縮小されればさらにドル高になりそうですし、今後も期待できそうです。

やはり、安い時に買っておくのが一番。
買いよりも売りの方がよほど難しい。
まだまだ。
140円から70円台まで中期円買いだったFX、2年ほど前に大きく勝ち逃げ?して口座閉鎖したのが遠い昔のことのように感じます。

2013年10月20日

Google $1000

好決算を受けて、1000ドルを超えてきました。
PER28倍ぐらい?

FBも急伸。
PERは1000倍超えから一気に200倍台へ。

AAPLのPER12倍が割安に見えちゃいますが、、、汗
昔はAppleもGoogleも15倍ぐらいだったと記憶してます。

目に見えない価値に値段を付ける市場の評価は、まあこんなものだということなのですが、なかなか難しいです。
もともとそうゆうもんだということです。

PERを見て割高割安なんて意味ないし。
確たるものはないということから発想していかないと。
されど、最終的にはPERなんですけどね。

2013年09月27日

FB $50 台

買い平均単価$24弱なので、2倍越。
余分に買った分を売りたいところですが、上がり切るまで見学中。

Appleもう少し買い戻した買ったなあ。
下がって来るのを待っていよう。

2013年09月10日

FB

売り惜しんでいるうちに、$44まで上昇。
どこまで上がるか見物してからでもいいかな?
売りのが難しい。

2013年08月27日

FB 40ドル超

まだ下で買いすぎた分を全部売ってませんが、さてどうしましょう。
最近はFacebookの方がよく使う。
友達だけにしか公開設定してないから、投稿しやすいんですよね。
Twitterは誰がフォローしてるかわかんないから投稿しにくい。

2013年08月05日

FB IPO価格越え

持ってるだけのFBが決算で急騰した模様。
買いすぎていた分を少し売ろうかな?

モバイルもキャズム越えた?
もう少し余裕ができたら、資料見ておきます。

2013年05月17日

Google 900ドル越え

Appleから撤退してからしばらく見ていませんでしたが、Googleが900ドル超えてるんですね。
買うものが他にないのかな? Googleメガネのせい?笑)

Facebookはどうなんでしょう?
まあいいや。

商品ETFのGSGとDBAの動きを見ていると、シェールガスの影響や色々な商品への需要の少なさが透けて見えるような気もします。

2013年03月28日

アップル撤収

ちょっと戻ったところで、記念に残しておいた分も撤収。
ありがとう、ジョブズ&アップル!

ホントウの意味で成功した投資は、まだアップルへの投資だけかもしれない。
iPod以前から投資してた。
当時は10ドル台だったような記憶があります。

2013年01月30日

iiPhone5とiPad miniの縦横比

アップルは、ファブレスなので、多少売り上げが落ちても案外ダメージは少ないように思いますが、実際はどうなのでしょう? 価格交渉力は少し落ちるでしょうけど、少なくとも日本の家電メーカーのようにはならんでしょう。その分、アップルに依存してきた企業はダメージを受けるのでしょうけど。。。

さて、アップルの未来について、なかなか明るい話題がありませんが、いざパソコンを買おうと思っても、アップル以外にすると面倒くさくて、格好わるくなるだけ、、、iPadはまだまだいろいろな可能性があるような気がするし、、、

私が気になっているのは、最新のiPhone5とiPad miniの縦横比(笑)

全体に縦長すぎる…(汗)
ディスプレイと余白のバランスもよくない

正面の余白部分の上下の幅が、左右の幅よりも大きすぎるのだ。
細かいこと?? デザイン系の私にとってはそれがとても気になります。

デザイン的にみると、iPhone4SとiPadが一番完成されている。

KindleもNexusもいいけど、やっぱりiPadがいい。
iPad miniを使ってるけど、不満はほとんどない。強いていえば、ディスプレイの解像度とWiFi版にもGPSを内蔵して欲しいということ。

PER10倍、450ドル前後の株式が割高だとは思えない。
ところでPBRは何倍なのだろう。
M&Aで仕掛けることも十分に可能な状態ですよね?
タグ:AAPL

2013年01月27日

最高益だったのに…

Appleの決算は最高益だったのに、前年比ほとんど同じということで暴落。
PERは10倍を割る水準。

これから伸びる可能性は確かに小さく感じる。
タブレットの低価格化、iPhoneもiPadももう持ってる人は持ってる。

伸びる可能性があるとすれば、新しい分野。
ジョブズがいたらどうしただろうか?
見てみたかったなあ…叶わぬ夢…
TVの革命?
どんな?

2013年01月24日

ああ、アップル…

予想通りの決算とはいえ、ここから先は厳しいでしょう。
ジョブズさん亡き後、どんな展開になるのか。
記念にとってある株式はどうしようかなあ、、、
タグ:AAPL

2013年01月09日

FB 29ドル台

いつの間にか、29ドル台。

ちなみに、4Qの決算発表日は1/23です。
内容次第ではかなり動きそうですが、最近のFacebookは広告がタイムラインにも表示されるので、まあそんなに心配はしていません。

20以下で余分に買った分もまだまだ抱えています。

2012年12月02日

FB 28ドル

どこまで上がるのか見物中です。

Facebook自体は広告が多くなったけど、かなり慣れてきました。

2012年11月30日

FB 27ドル台

最近のFacebookは広告が増えました。
少し鬱陶しいけど、それで辞めるというものでもない。

たぶん、それを見て上がってるのでしょう。
何しろ利用者数はハンパでないので…

下で買い過ぎた分をどうしようか迷ってましたが、どこまで上がるのか見極めてからかな?

2012年09月19日

AAPL GOOG $700台

売り買いなし。

まあ、それでも600から700までは時間がかかったかな?

テザリングができるiPhone5欲しい…
でも今後は買い替え需要が中心になるだろうから、そんなに楽観はしてません。

パソコンの方も全てMountain Lionに更新。TVへのAirPlayやミラーリングはとてもいい。Appleはうちのテレビもクリエイティブなものにしてくれる。

Googleの方が広告収入だから安定感はある。
Facebookはスマートフォンでの使い勝手次第。ちょっと飽きたけど、それでも使ってる。

2012年08月28日

FB

Facebookの広告クリックは難しそう。

Googleは検索して何かを調べてる時に広告が表示されるから効果がある。あとは、アフィリエイトの存在。

Facebookはもう少しカタチが見えないとね…

2012年06月19日

FB $30 回復

$31と$26で購入したFBが黒字に…
思ったより早かったけど、まだまだどうなるか予測不能。

FBの場合は、モバイルが改良の余地がありすぎ。広告の仕組みもまだまだ…
というところが裏を返せば成長余地。

PERをみるとAppleが割安かな?

まあ、AppleもGoogleもFacebookもAmazonも日本にいる私が使っているぐらいですから、どれも大丈夫。

PERが高いAmazonは持っていないけど、PERは市場が決めることだから、期待値は大きいということでしょう。