2014年11月05日

ちょっと気になった一冊

投資からは離れますが、ちょっと気になった本なので、自分へのメモがわりに紹介しておきます。
近藤先生を信じるか信じないかは、個々人にお任せします。
読んでおいて損はないと思っています。

近藤先生、「がんは放置」で本当にいいんですか? (光文社新書)
近藤 誠
光文社 (2014-09-17)
売り上げランキング: 1,701

posted by kenta++ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
水野 和夫
集英社 (2014-03-14)
売り上げランキング: 111


グローバル資本主義の本質がよくわかってない人にはうってつけの一冊だと思います。
難しい本ではありません。むしろ、重要な点をくどいほど繰り返し書いているという印象。

資本主義がグローバル化した(国境を易々とこえられるようになった)1990年代後半以降の実質賃金の低下、企業利益が賃金に回らず資本家に回るようになった図表を見るだけでも有益だと思います。

アメリカ、新興国、日本、西欧の現状を概観したあと、資本主義の終焉、、、
グローバル化によって、国家間の格差(貧富の差)が国内の格差に移行しているのは今まさに日本でも体験している真っ最中。中国の工場労働者と日本の工場労働者の賃金格差がなくなるまで続きます。ある意味、当然のこと。

グローバル化以降、インデックスファンドに投資する意味があるんだろうか??という疑問を呈してきましたが、個別株重視の2〜3年の中期スパン&仕込むのはバブル崩壊後がベスト(売りはバブルのとき)という姿勢はそんなに間違ってないかも?? リスクヘッジで買ってる大損中の日本国債ベアファンドも、2017年に預金の増加が終わると日銀が試算してるようなので、そのあたりより少し前に動くかも??

神のみぞ知る!!
posted by kenta++ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

再掲:「稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法」竹中正治著

稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法
竹中 正治
光文社
売り上げランキング: 23,812


前にも投稿しましたが、またぞろ初心者の方が増えて来ているようなので、良心的かつ実践的な本を紹介しておきます。これぐらいの内容で初級者向けだと思います。この内容がわからない方は、投資はまだ早いと個人的には強く思います。

まあ、理屈がわかっていても、相場はそれだけではありませんから、「アタマだけでもカラダだけでもダメよ」な世界ですが、、、

あ、そうそう、資産運用は株式だけではありません。そういう意味からもオススメしておきます。

※以下は、以前投稿した内容のコピーです。
 初心者には、ちょっと読み応えのある本ですが、真面目に投資を考えている人は、これぐらいの本は読んでおきましょう。一見難しそうですが、基本的な内容。このあたりは投資のリテラシー。
 投資のなんちゃら本は読む必要なしです。
 要は、期待成長率が高い会社を安いうちに仕込んでおけば言い訳ですが、これがなかなか難しい。。。
 特に今のように上がってしまった相場では、、、
posted by kenta++ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

「稼ぐ経済学」

稼ぐ経済学 「黄金の波」に乗る知の技法
竹中 正治
光文社
売り上げランキング: 23,812


初心者には、ちょっと読み応えのある本ですが、真面目に投資を考えている人は、これぐらいの本は読んでおきましょう。一見難しそうですが、基本的な内容。このあたりは投資のリテラシー。

投資のなんちゃら本は読む必要なしです。
要は、期待成長率が高い会社を安いうちに仕込んでおけば言い訳ですが、これがなかなか難しい。。。
特に今のように上がってしまった相場では、、、
posted by kenta++ at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル
橘 玲
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 693


久しぶりに本の紹介です。

この本を読んだだけで資産防衛ができるのかどうかは極めて疑問ですが、読み物としては面白かったですし、まんざらあり得なくもない想定だと思います。

一番驚いたのは、もう2年以上前からヘッジ目的で買っている「日本国債ベアファンド」が大々的に書かれていること!(苦笑)

posted by kenta++ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

私の愛読書が中古で103円

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール
マックス・ギュンター  日経BP社

私の愛読書である「チューリヒの公理(日本名:マネーの公理)」が、、、、
中古本のところをみると、103円とかで売られているではないか〜!
送料がかかっても超割安でしょ。。。うーん(汗)

デイトレとかそういう短期な人には「全く」向きませんので念のため。

追記;
書き忘れました。上記本は中級以上向けです。
初心者向けは、こちらが私のおススメかな。

今こそ知りたい資産運用のセオリー
竹中正治  光文社

この本はアマゾンではすでに中古本(出品者)でしか買えないんですね。
しかも、送料を含めると新刊時の定価よりも高いものばかり。納得です。

posted by kenta++ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

原発危機の経済学

原発危機の経済学
原発危機の経済学
posted with amazlet at 12.04.17
齊藤 誠
日本評論社
売り上げランキング: 168


全体像がとてもわかりやすいいい本です。
個人的には、他の原発本はほとんどいらないと思います。
もんじゅ君の本を除く(笑)

とくに、経済学者?の池田某さんとか、トレーダーの藤沢某さんの本を買うぐらいだったら、少し高くてもこちらをお勧めします。値段の数字に騙されてはいけない。それも経済学のうち。

さて、結論的には、危険な原発関連施設を即刻廃止すればいいというもの。
最近の軽水炉だったら、あれほどの事故にはならなかった。
福島で事故を起こしたような古い施設、危険すぎる高速増殖炉、そして再処理工場。
むしろ、少し動かしながら、縮小していかないと技術的にも難しい。。。

(参考)
もんじゅ君の本もなかなかすてき。
こちらはグッとわかりやすいです。
さらっと知りたい人、考え方のヒントを知りたい人は「おしえて、もんじゅ君」、
核心部分をやさしく知りたい人は「さようなら、もんじゅ君」という感じ。
フィクションの核心部分である高速増殖炉からという視点はとてもいい。
作者はだれなんだろう、相当な人だと思うけど(笑)。




さようなら、もんじゅ君---高速増殖炉がかたる原発のホントのおはなし
もんじゅ君
河出書房新社
売り上げランキング: 4501

posted by kenta++ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

(再掲)「今こそ知りたい資産運用のセオリー」

今こそ知りたい資産運用のセオリー
竹中正治
光文社
売り上げランキング: 32903


先日紹介した、この本を読み返してみました。

2008年12月の出版だから、リーマンショック後に書かれたものだけど、「個別成長株への投資」以外はこの本の通りに私は実践しているだけなんだなあと改めて実感。

2007年から、私が外貨資産を大量に売り、さらにドル資産投資のヘッジ目的でFXでの大規模な外貨売りをしたのは、この著者のブログかなにかを読んでいたためだったと記憶している。

2008年末に書かれたこの本は、初心者でも読めない事はないと思う。
ただし、基礎的な理数系の頭を持っていることが前提だけど。

海外の定番本もいいけど、日本で資産運用をまともにしたいのならこちらの方がいい。
地味な本なのか、あまり紹介されていないのもいい(大笑)

後半には、不動産投資の話しも載っていて、これもとても参考になる。
というか、こういう考え方ができないと、高値で買ってしまったり、安値で買えなかったりするんだろう。

たったの数千円で、複利効果や割引率、為替や不動産の割高割安を大雑把に把握する方法を教えてくれる。
FXに関する記述も、私がいつも実践しているとおり、外貨のヘッジができる唯一最強の手段として書かれている。

難を言えば、個別成長株への投資には否定的なところだけど、そんなことはどーでもいい。
あくまでも5〜10年単位の大きな流れを把握するための本だと思います。
posted by kenta++ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

「今こそ知りたい資産運用のセオリー」

今こそ知りたい資産運用のセオリー
竹中正治
光文社
売り上げランキング: 32903


購買力平価で有名な?国際通貨研究所で思い出しました。
初版時に購入して、斜め読みしたまま放置してあった竹中正治さんの本を紹介しておきます。

この低金利下で、いきなり「複利効果」からはじまるところが実にすばらしい。

このタイミングで、今一度しっかり読み直してみようと思っています。
あとで、もう一回レビューを書くかもしれません。
posted by kenta++ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

SONGS FOR JAPAN

SONGS FOR JAPAN
SONGS FOR JAPAN
posted with amazlet at 11.04.25

Sony Legacy (2011-04-22)
売り上げランキング: 9


レコード会社の枠を超え、日本のために世界のトップ・アーティスト達がここに集結。
東日本大震災チャリティ・アルバム(2枚組CD)
~ アルバムの収益はソニー・ミュージックエンタテインメント(アメリカ)を通じ義援金として日本赤十字社へ寄付されます ~

にしても、なかなかすごいCDですね♪
チャリティなんだからもう少し高くてもいいでしょうに!!

配信よりもやっぱりCDがいいな。
posted by kenta++ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
古長谷 稔 食品と暮らしの安全基金
三五館
売り上げランキング: 25


震災対策でアマゾンで注文してあったこの本が昨日届きました。
緊急増刷したとのこと。

題名が派手なのでどーなのかなあと思って読んだら、実に簡潔明瞭にまとめられていて参考になった。
これまで、散々マスコミなどで原子力発電所の仕組みを説明されてきましたが、水蒸気爆発までのプロセスがイラストで1ページに…

しかも2006年に出版された本です。

浜岡原発の危険性について書かれた本ですが、これがクラッシュしたら偏西風に乗って、首都圏はまずダメでしょう。
早く止めて欲しいもんです。

今なら比較的冷静に読めると思います。
フクシマ以前は、「まさかここまで」と思って読んでしまっていたと思いますが、今は「自宅退避の具体的な方法」などがとても参考になります。早速最低限の準備をしておきたいと思います。

ほんもののリスクヘッジの一貫ですね。
最近、株式のリスクなんか本当に微々たるもんだなとつくづく感じます。

株も放射能も調査するのは最低条件、あとは感覚と行動力がものをいう。
人と同じことをしていてもダメ。

書評にも書かれていましたが、1200円程度でこのマニュアルが手に入るなら「一家に一冊」あっても全く損は無いと思います。
posted by kenta++ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

「超マクロ展望 世界経済の真実」

超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)
水野 和夫 萱野 稔人
集英社 (2010-11-17)
売り上げランキング: 175


資本主義は、市場経済至上ではない。
当然だけど、国家は市場にものすごく介入している。

1974年以降の世界の動きをマクロにみるのは非常に楽しい。

全体の動きを把握しておくことは、資産運用にとって不可欠であることを改めて教えられる。
私が、常に全体の動きを気にするのは、いい会社だからといって、そのまま持っていてもダメだということを散々学んできたから。

日本の中小型株に中長期投資する場合、一番大切なのが全体の動きだと言っても全く過言ではない。
理解できない人は、単純な株式投資など辞めた方がいい。

最近流行のインデックスファンドへのバランス型の積立投資など、この本を読めばいかにいい加減な根拠しかないかがわかるはずだ。
だって、検証にもちいられている長期データそのものの背景が1974年を境に全然変わってしまっているし、1974年以降にも大きな断層がいくつかある。

残念ながら、なにも考えないで成功する投資方法など、絶対に無いのです。
posted by kenta++ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

日本経済「余命3年」

日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか
竹中 平蔵 池田 信夫 土居 丈朗 鈴木 亘
PHP研究所
売り上げランキング: 2132


正月休みにさらっと読みました。
細かいことはともかく、投資してるんだったらこれぐらいの本は抑えておくべきでしょう。

2012〜2013年にかけて、個人資産が国債の発行額に追いついてしまう。
そのときにどうなるのか??

リスクヘッジは怠りなく。
現金や預金も決して安全ではない。
posted by kenta++ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

「一生安心、老後のお金! マンガでわかる成年後見制度」



親が認知症気味で、あわてて読んだ本です。
時間がないので、要点だけわかる本ということで読んでみました。
2〜3時間もあれば読めてしまいます。

内容も大雑把に概要を掴むのにはいいと思います。
だいたいの「感じ」はわかりました。
なかなか難しい問題ですね!!!

親の資産を狙ったり、高齢者の資産を狙ったりする輩がいっぱいいますから、なおさら一読しておく必要性を感じます。
といいますか、実際に成年後見制度とか理解してる人って、日本にはごくわずかしかいないでしょう。
知っているかいないかだけでも、将来は大きく変わってくる。

この手の本は小難しいのが多いので、2〜3時間で実例がわかるこの本は入門としては向いていると思われます。
まずは、全体をざくっと把握して、細かいところはそのあとでいいって感じです。
まあ、この本も弁護士さんのマーケティングの一貫でしょうが、世の中の役に立っていれば全然問題なしです。どんどん攻めましょう。

カテゴリーは「投資リテラシー」でもいいぐらいです。
posted by kenta++ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

「もしドラ」がまだ本屋に山積みになっている…

私が「もしドラ」を読んだのはほぼ1年前。

”もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら”
2010.1.8.の投稿

この投稿では、

”でも、このタイトルでは、もしかしたら初版で終わっちゃうかもしれません。
もし、少しでもドラッカーに興味があれば今のうちに手にいれておいて損はないと思います。”


なんて書いています。。。大外れ〜〜〜
本当に「まさか」という感じ。うちの「初版本」今のうちに古本屋で売っておこうかな。

こういうのを見ていると「一般大衆」ってなんだろう??と疑問に思えてきます。こういう本こそ、電子書籍とかアマゾンのマーケットプレイスで買って読めば良いと思うんですけどね。

早くiPad2見たいな。

追記;

今、アマゾンのマーケットプレイスを覗いたら、中古でも1300円以上(送料別!)するのですね!!
これでは、新品のほうがいいですね。
まじめに、マーケットプレイスで売ろうかな(笑)。初版本なら少しはプレミアがつくかな? プレミアがつくんだったらヤフオクのがいいな… ってメンドーだからやりません。
posted by kenta++ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

「やさしくあがりを治す本」

やさしくあがりを治す本
鳥谷 朝代
すばる舎
売り上げランキング: 5814


仕事柄、講師など人前で話すことが多いので、読んでみた本ですが、投資にも有効かもしれません。
副題は「イザというとき緊張しすぎないように」。

自己啓発の本はいろいろあるけど、ほとんど読みません。
この本は、自己啓発の本ではなくて、「人前などでのあがり」に対処するための本。

ものすごくやさしく書いてありますが、これが案外いいんです。
完璧である必要はなにもないというスタンス。

タモリさんも、和田アキ子さんも、イチローさんも、もう何十年も緊張しているそう。
アガラなくなったらおしまい。

投資で大損をしたりすると、どうしても自己嫌悪に陥ることが多いのですが、最近では大損しても大儲けしてもそれほど心理的にどうこうということはありません。竹田和平さんが書いているように「しょせんお金は幻です」(笑)。

アサーション
1)自分自身である権利
2)自分を表現する権利
3)これらふたつの権利を行使するにあたって、罪悪感や無力感を感じなくていい権利


このあたりがポイント。
あとはご自身でどうぞ〜

「イザというときに緊張しすぎないように」
投資も同じです。
posted by kenta++ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

「星野リゾートの教科書」を読んだ…

投資の方はなにもすることがない状況。
まだまだショートするような環境でもなし。

すでに自分のポジションは、キャッシュは多めに、かといって投資はやめないというもので1ヶ月以上前に固めたものだから、見ているしかない。

売るほど過熱してないし、買いはちょっと怖いけど、まあ自分の場合は無理して買うこともない。
というわけで、本業に専念しています。

マーケティングの本はなかなかおもしろいですね。
考えてみたら、投資本なんか読むぐらいだったら、マーケティングや戦略の本を読んだ方がいい。
株を買うということは、結局経営陣を買うということなのだから。

最近読んだ中で、一番簡単に読めてわかりやすかったのが、「星野リゾートの教科書」という本。
広く浅くだけど、経営書の紹介も兼ねているので、入門編としてはいい。
経営者目線になることで、株式投資で会社を見る目は絶対に変わってくる。


星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則
中沢 康彦
日経BP出版センター
売り上げランキング: 1358


この本を読んでいたら、株式投資だけでなく、自分の会社やそれを取り巻くいろいろな人材や事業を連携させるときっともっとおもしろい事業展開ができるだろうなと思えてくる。
ブランドポートフォリオなど、もっと真面目に本業に取り組みたくなった。

「人生の目的は、金銭を得ることにあらず。品性を完成するにあり。」(内村鑑三)

追記;この本は、星野社長が書いたものではなくて、日経トップリーダーの人が書いた本ですのでご注意を。まあ、現役の社長はまだ書かない方が良い。
それにしても、最近アマゾンでクリックして本を買う頻度がますます多くなってます。アマゾンが推薦してくる本(One to One マーケティング)にも稀に引っかかりますが(笑)、評価欄を読んでこれはと思う批評があった場合に躊躇なく買うような気がします。
恐るべし、アマゾンのシステム。。。
posted by kenta++ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

「ツキの正体」(追記あり)

ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)
桜井 章一
幻冬舎
売り上げランキング: 3665
おすすめ度の平均: 3.5
4 考えるな感じろ!!
5 すばらしい!
4 独自の切り口には、いつものごとく感心
3 いい本でした。
2 ツキの正体はやっぱり不明


私は良く知りませんでしたが、知人に教えてもらった雀鬼さんの本です。
これを読んでから興味を持って雀鬼本2冊ほど読んでみましたが、これ1冊で大丈夫。

内容はいわゆる常識とは少し違うけど、私の考え方ととても似ているので共感することが多いです。

とはいえ、理屈で考えてしまう人には何が書いてあるのかわからないかもしれない。「ツキ」とは理屈ではないんだけど、理屈めいたものが存在する。それは、ハッキリとはだれにもわからないけど、確かに存在する何かというものだからでしょう。

「考えすぎない」「気づいたら即行動」「一つのことに集中しない」「見返りを求めない」「遊び心を持つ」の項目を見ただけでピンとくる。

投資は勝負そのもの。ツキも絶対に必要。
この本が感覚として実感できるかどうかで、投資に向いているかどうかがわかるような気がします。

投資を続けたいのなら、読んでおいて損はないでしょう。

追記:
Amazonの評価欄の星2つとかのコメント読むだけでも面白い!!
投資には向いていない優秀な人の考え方がわかります。

追記2:
★5つの人の感覚に似ています。
他の本は人生論のような感じが強くてダメ、やぱり雀鬼さんは「ツキ」の本がハマりです。
具体的には何も書いてないなんていう評を書いている人がいるけど、「ツキ」に関してギリギリまで具体的に書いていると思います。
posted by kenta++ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

「運用のプロが教える草食系投資」

運用のプロが教える草食系投資
渋澤 健 中野 晴啓 藤野 英人
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3990
おすすめ度の平均: 5.0
5 顧客の利益を追求したファンド&書籍!
5 ありそうでない投資の本質を説く本
5 投資の方法も人それぞれ。と言うことを教えてくれる本


2時間ほどであっという間に読みました。
「直販投信」の本です。

「草食系投資」と書いてあるから、インデックスファンドの本かと思いましたが、インデックスはおひとりだけ。あとは、バリバリのアクティブ…笑

私の好みは、「ひふみ投信」かな??
現金比率を大きく引き上げることもある、という点が私のスタイルに似ています。

それでも、インデックスも最近はよく使うし、先週リカクしたEEM(新興国指数ETF)なんかも、1年ぐらいで90%ぐらいの利益が出ましたから、インデックスだから少ししか儲からないなんてことはないと思います。

書いてある内容は、要するに「直販型の投資信託」の話し。

確かに証券会社から投資信託を買うと、販売手数料は取られるし、信託報酬もなぜか販売会社まで一部持っていくし、訳わかんない。あと、相場が安い時に解約が多く、高い時に資金が入るから、ファンドマネージャーはやってらんない、、、というのはわかります。

とはいえ、話しの内容がもう少し整理されているとよいなと思います。
結局、メリットは「直販」であり、運用はそれぞれ。月々の積立型にして欲しいとのことですが、それぞれのファンドの中身は結局お任せでよくわかんない。

まあ、投資信託も、個別株式や債券やリートやETFと同じく、運用のパーツですから、「個々人の運用」がうまくないと結局うまくいかないということなのだと思います。

絶対はあり得ないのですから…
それでも「直販」を少し買ってみてもいいかなと思ったりもしています(笑)。
posted by kenta++ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

「偽善エネルギー」武田邦彦(追補あり)

偽善エネルギー (幻冬舎新書)
武田 邦彦
幻冬舎
売り上げランキング: 43973
おすすめ度の平均: 3.5
5 海水の熱容量は大きい
5 それでも、本書を評価します
3 読み物としては面白いけど・・・
3 観点は間違っていないが、説得できるだけの理論武装が不十分
5 CO2という悪者を叩けば安心?


おもしろかった!!
長期投資家向け?のとてもいい本です。

投資本なんか読んでもダメ。
こういう本を読んだ方が成功確率高いと思います。

"使い勝手のいい石油はあと30年でなくなる
使い勝手の悪い石油はまだ2000年分以上あるが利用技術が必要
日本の電気はもともと石油を使っていない

安全な原子炉(軽水炉)を使えば安全
原発の安全をおびやかすのは「人災」
現在の原発であと300年はエネルギーが得られる

もっとも解決が容易なのは「電気」
もっとも足りなくなるのは「液体燃料」「医薬品」「工業薬品」

太陽光発電、風力発電は日本には全く向かない

などなど"


読んでみればわかります。
基本的に商品指数連動ETF(ティッカー GSG)は外せませんね。

※このエントリーはあとで追補する可能性大です。
posted by kenta++ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする