2019年01月05日

良くも悪しくも

ここまでの株高は米中の合作だったのかもしれませんね。ここから先はかなり厳しくなりそうです。
新たな枠組みが見えてくるまでは、どちらに振れてもいいようにしておきたいです。

欲しいものが割安に買える機会でもあるので、厳選して買い下がるのが鉄則ですが、底は誰にもわかりませんので、事業内容やフェアバリューをきちんと出しておくことが肝要です。

posted by kenta++ at 10:43| Comment(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。