2016年09月24日

ポール その後

やっぱり時間をかけて本来の価値に戻ってきますね。
出来高も増えたし、信用倍率も全然違う様相。信用売りが増え、信用買いが減少。上がる要素は揃ってきた感じ。とはいえ、ゆっくりでいいので、本来の価値にまずは到達して欲しいですね。

本来の価値と書いてますけど、デパッグはそれなりに参入障壁ありますし、海外展開もまだまだこれから。日本人向きの分野のような気もします。持続性と成長性の両方の要素がある。そこらへんの期待値をどこまで見込むかで当然本来の価値は大きく変わってきます。
posted by kenta++ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442203647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック