2009年01月30日

超簡単 お金の運用術(新刊)

昨日、新宿までの往復の電車と、昼休みに一機に読みました。
こういうシンプルな本は好きですね。

内容は、じつに明快、外国為替の話しなども、「外国為替はゼロサムゲーム」で基本が抑えられていますし、ドルコスト平均買いの批判まであってビックリ。不況は株の買いということでも同じですが、今回の危機も景気循環の一種であるかどうかは少しまだ警戒しておいたほうがよいかと思います。

株式への投資しか書いてありませんから(この本では外債はあえて外している)、好況時に読むと危険な内容だと思います。そういう意味では、好況時のことがあまり書いてありませんね(笑)。今だからOKの本だと思います。それが難といえば難ですが、735円ですからパフォーマンス高いと思います。

指数買いは、日経&ダウが7000ぐらいになったらぜひ買っておきたいですね。

確定拠出年金は最高でも年間で80万円程度の話しですが意外な盲点でおもしろい。保険の話しはもっとおもしろい。

ただ、FXはダメとありますが、私はヘッジ用に使うのには最高だと思っています。というか、個人で自由に為替ヘッジ(外貨の売り建て)ができるのはFXしかありませんし、今のような金利低下のタイミングでは、超短期債券のようなFXの買いも意味があるものと思います。確かに、恐怖にさいなまれる初心者向けではないし、レバレッジが10倍以上もかけられてしまうので、著者はそういった意味でカジノと読んだのでしょうけど。

おお、日経平均の割高、割安の目安の判断方法があるではないですか!!

使えるかどうか、ちょっとあとでやってみます。



posted by kenta++ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113410825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック