2011年07月29日

上場Aリート(1555)

豪州REITインデックスファンドです。
買い下がっています。

豪州といっても、実質、半分は欧米の不動産への投資ファンドですから、為替の影響で下落している面も大きいかと思います。
豪ドルは米ドルやユーロよりも強いですから。

まあ、J-REITの補完として、ほぼ20円刻みで買い下がっていますが、予定数のまだ6割ぐらいなので、さらなる下落も投資的には歓迎です。
まだ、分配金の傾向がハッキリしないので、どうするかは未定です。

中身がわかりにくい。
もう少しなんとかしてください、運用会社も東証も。。。
posted by kenta++ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

いつのまにか…

ただただ持ってるだけなのに、
アップルはクラウド関連銘柄に、
グーグルはSNS関連銘柄になっている…

さてどうなりますか?
神のみぞ知る。

なんか行き場を失った資金が、不動産や商品と言った現物に資金が戻ってくるような気がしますがどーなんでしょう??

一発ドカンと下がることも意識しておいた方がいいかもしれない。

2011年07月20日

(再掲)「今こそ知りたい資産運用のセオリー」

今こそ知りたい資産運用のセオリー
竹中正治
光文社
売り上げランキング: 32903


先日紹介した、この本を読み返してみました。

2008年12月の出版だから、リーマンショック後に書かれたものだけど、「個別成長株への投資」以外はこの本の通りに私は実践しているだけなんだなあと改めて実感。

2007年から、私が外貨資産を大量に売り、さらにドル資産投資のヘッジ目的でFXでの大規模な外貨売りをしたのは、この著者のブログかなにかを読んでいたためだったと記憶している。

2008年末に書かれたこの本は、初心者でも読めない事はないと思う。
ただし、基礎的な理数系の頭を持っていることが前提だけど。

海外の定番本もいいけど、日本で資産運用をまともにしたいのならこちらの方がいい。
地味な本なのか、あまり紹介されていないのもいい(大笑)

後半には、不動産投資の話しも載っていて、これもとても参考になる。
というか、こういう考え方ができないと、高値で買ってしまったり、安値で買えなかったりするんだろう。

たったの数千円で、複利効果や割引率、為替や不動産の割高割安を大雑把に把握する方法を教えてくれる。
FXに関する記述も、私がいつも実践しているとおり、外貨のヘッジができる唯一最強の手段として書かれている。

難を言えば、個別成長株への投資には否定的なところだけど、そんなことはどーでもいい。
あくまでも5〜10年単位の大きな流れを把握するための本だと思います。
posted by kenta++ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Apple 3Q

アップル第3四半期決算、売上高285.7億ドルを記録--「iPhone」販売台数142%増
Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2011/07/20 07:20

しかし、この時期に純利益が2.25倍とは、さすがにビックリ。
ちっちゃな新興企業ではないですからね。

今日にも$400に届こうかというのにPER18倍って、、、

もう20年以上アップル株と付き合ってるから、$300を超えた時に2/3を売ってしまったけど。
昔のAppleを知りすぎていたためかもしれない。

今後ですが、余力たっぷりです。

iCroudでiPhoneとiPadにパソコンとの接続が不要になる予定だから。
今は、パソコンとシンクロしなければならないという障壁があってこの数字。

iPadもまだまだ余力十分。
サイズ的にはまだ1種類しかない。
今後はノートブックとしての位置づけに変わってくるだろうし。

AppleTVも「趣味」の領域ということだけど、やはり魅力的。
ここにもまだまだ大きな余力を感じる。

というわけで、ただただ持っている予定。
買値がよくわからないけど、$300の時にすでに20倍以上だったから、さてどこまで行くのやら。。。

Appleの製品をワクワクして使いながら、株式価値もあげていく。
こんな会社に出会っただけで、私は素直に嬉しい。
ラベル:AAPL

2011年07月18日

Google 2Q

グーグル第2四半期決算、増収増益--アナリスト予測を上回る
Jay Greene (CNET News) 2011/07/15 07:43

グーグル株は、つい最近$500を割る局面がありましたが、2Qの発表で一気に戻しました。

Google+

というFacebookのようなサービスも開始されたようですし、なんだか知らないうちにSNS関連銘柄になってるし。
まあ、おもしろい会社であることは確かなので、こういう会社の株式は持っておくことにしています。

Androidも、Chrome OSから、スマートグリッドや発電事業まで、、、

なんだかみんな中途半端にも見えるけど、変なベンチャーよりよほど攻撃的でおもしろい。
ラベル:GOOG

2011年07月14日

「初代「iPhone」の発売から4年--当時の予測を振り返る」

初代「iPhone」の発売から4年--当時の予測を振り返る
Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2011/07/04 07:30


悲観的な見方が多かったよね。
よく覚えてます。

確かに、それまでのアップルのヒット商品は比較的短命なものが多かったから仕方がないのかもしれない。
でも、それは時代を先取りしすぎていた面も否定できない。

いろいろな試行錯誤が実ることもあるのだ。
今振り返ると、iPodの成功が大きかった。

あきらかにこの流れなんだよね。
もっと正確に言うと、iPodとiTunesの存在。

今後はiCroudとガジェットでパソコン不要路線を打ち出した。
ここでも、キーになるのはむしろiCroudの存在だろう。

Androidにも似たようなサービスが出てくるのだろうけど、ハードとソフトがバラバラなのが致命的になるような気がする。
でもまあ、アップルのヘッジとしてグーグルを持つことは意味があると思う。
ラベル:AAPL

2011年07月11日

オセアニア通貨返済売り

指値で返済売りを出しておいたAUD87.5とNZD67.5が勝手に約定していました。

普段FXなんて見ない…汗

先日の投稿通りの措置。
これでAUDの持ち高無し、NZDの持ち高も半分になりました。

残念ながらEURの追加売りは指値に届かず。
posted by kenta++ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アミタHD

え?ストップ高?
仙台に拠点開設ってだけでですかね…

でもおもしろいグループである事は確か。
自己資本比率なんかみるとやる気満々??笑

何日も出来高ゼロだったこの株式が…
500円で指値だけ出していた日々が懐かしい。
posted by kenta++ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

「今こそ知りたい資産運用のセオリー」

今こそ知りたい資産運用のセオリー
竹中正治
光文社
売り上げランキング: 32903


購買力平価で有名な?国際通貨研究所で思い出しました。
初版時に購入して、斜め読みしたまま放置してあった竹中正治さんの本を紹介しておきます。

この低金利下で、いきなり「複利効果」からはじまるところが実にすばらしい。

このタイミングで、今一度しっかり読み直してみようと思っています。
あとで、もう一回レビューを書くかもしれません。
posted by kenta++ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

購買力平価の確認

主要通貨購買力平価

米ドルとユーロは、いつものところでチェックできます。
これまでの流れから見ると、米ドルは若干割安、ユーロはまだまだ割高のようにみえます。

さて、豪ドルやNZドルはないのか?
と探してみると、

豪ドルの購買力平価を求めてみる(修正)

というブログを発見。
さらに、

OverShootAlert(購買力平価)

というなんとも香しいサイトを発見。
ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円
の5種類のオーバーシュートを教えてくれるらしい。。。
米ドル以外のオーバーシュートの意味がわかりませんが、、、

まあ、感じとしては、米ドルはやや安め、ユーロはまだ高め、豪ドルは割高、NZドルは若干割高、、、

これ以上は誰にもわからないと思う。
オセアニア通貨のポジションを少し減らしておこうかな。。。

いつものように自分のための勝手なメモにつき、あしからず。
ラベル:FX
posted by kenta++ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

小型株はおもしろい

シナジーマーケティング(ジャスダック 3859)

分割前の3000円(分割後1500円)を割って来たので、午前中に少しだけ買ってみたらさらに落ちてガックリ。
と思ってみたら、終値は1600円を超えている。。。

ここも自己資本比率が77%ぐらい。
もっとガンガン攻めていいと思う。
まあ、余力があるということです。

かつて大阪証券取引所にヘラクレス市場というのがあったのを覚えている人はもう少なくなっちゃったかな。



オウケイウェイブ(名古屋セントレックス 3808)

出来高は非常に薄いのですが、、、
セントレックスもいずれはジャスダックに吸収されるんじゃないのかな??

自己資本比率が90%以上もあるし、いやもっと本業に投資しましょう。
アミタHDのようにとは言わないけれど、、、笑

ジャスダックに移ればいいのに…


とまあ、アップダウンの激しい小型株ですが、やっぱり一番おもしろい。
でも、決して無理しないように!!
ラベル:シナジー OKWave
posted by kenta++ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする