2011年06月28日

JリートのPML比較

地震によるJ-REITへの影響
みずほ投信投資顧問株式会社 2011年4月12日作成

オフィスビルの地震リスク評価 (PML 値)と賃料・利回り
ニッセイ基礎研究所 2011年6月22日

ざくっと見るなら前者、詳しく見るなら後者。
投資家的には、前者でもいいかも。
どのみち詳しいことはわからない。

今回の東日本大震災は、関東でのリート物件に関しては比較的軽微。
液状化地域では結構大きな被害もありましたが、倉庫などはもともと軽い建物なのでたいした事はない。
それでも、首都圏直撃の場合、3〜5%ぐらいの損害は出る可能性があるということは頭に入れておいた方がいい。
posted by kenta++ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

日本債券ベア

長期金利1.1%台

なかなか強いですね。
日本債券ベアは何回も書いているようにヘッジ目的。
現時点では大赤字(笑)。

でも、1.3%台になると黒字化します。
1%を割りそうになったらまた買い増そうかな。
posted by kenta++ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

どうみてもダメそうな時

市場は世界的にも不安定。
ましてや日本は増税ムードに倹約ムード。

節電というよりも、必要なのはピークカット対策のはず。
大きな工場は自家発電や東電以外の独立系の電力会社から電気を買えばいい。
資源エネルギー庁のサイトにいくらでも載っている。

原発事故の方は、意外と4号機が怖かったりしますが、米仏の除染システムも稼動。1号機から順番に建屋の周りに巨大な鉄骨を組み立ててカバーするとのことです。
今後は、お堀を巡らせて、水攻めか??
いずれにせよ、得意の建築土木工事が進み始めたのはチョットした光明。

売買の方は、当然売る気なし。
買いは欲しい銘柄だけ、下の方で指値。
今日は終わり間際に久しぶりに買い注文が約定。

GoogleやAppleも買い指値を一応入れておこうかな。
もちろんしたの方に。

当分ダメダメでいいのです。
でも暴落に備えて、キャッシュは全部使い切らずに。
もちろん信用買いなんてダメよ。
posted by kenta++ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

東電株、190円

昨年10月に東電の公募増資に応じたことを思い出した。
某大手証券からの誘いで応じたのだが半分しか割り当てられなかった。

「3%の預金感覚で買われる方が多い」

というセールストークだった。
半分の割当ということは、かなりの個人が東電株を買っていったと思う。
その後も、市場で買い増さないかという電話があった。

当時は、スマートグリッドやEV車関連でおもしろいかなと考えたが、その後スマートグリッドやカーシェアなどを調べていくうちに、東電はスマートグリッド推進の逆をいっていることがわかり薄利でリカク。

これがいつだったんだろうと思って履歴をみると、今年の1月中旬になっている。。。唖然
2000円前後だったころ。。。

公募価格が1843円。今日の終値が190円。
逆テンバガーになってる。。。
配当狙いで購入したと思われる多くの真面目な個人投資家は、3月末の配当前に売るはずも無く…

今回の震災が昨年の10月中旬〜今年の1月中旬に起こっていたら、私も大損害だった。
単に「運」だけの話し。
あまり調べずに不用意に買うものではないと改めて反省。

むしろ、心配していたのは「首都直下型」地震だった(今でも)。
700円台で大量に買った Jリート指数ETF をそのまま持っていていいものかどうか悩むが、おそらく地震そのものの被害は甚大だとしても一時的かつ地域限定だろう。
放射性物質さえ出さなければ、それほど心配ない。むしろ、茨城県の原発のほうがよほどリスキーだ。

リートに関しては、地域分散という意味で、Jリート指数を中心にして福岡リートや関西圏のリートだけ残す。
あとは、AリートETF(オセアニアと欧米のリートが半分ずつ)に振り分け。

というわけで、これまでの方針通り、

海外と国内はほぼ半分半分、
海外は、商品指数2種類、グーグル、アップル、海外リート、
国内は、リート、新興銘柄中心、
現金多めに信用無し。

あとはヘッジという感じ。
posted by kenta++ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在のポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

クラウドに舵を切るアップル

クラウドに舵を切るアップル 新OSで「総取り」狙う Macは“脇役”に
ジャーナリスト 石川 温
(1/3ページ)2011/6/7 15:23

「もう一つの変化は、iPhone/iPadがMacやWindowsなどのパソコンがなくても使えるようになったという点だ。iOS5ではパソコンとの接続が不要となり、端末単独でアップデートなどの作業ができるようになった。」

これに尽きるでしょう。

アンドロイド対策としては、むしろ遅すぎるぐらいですが、パソコンがいらないとなると、iPhoneやiPadはごくごくフツーの人にも受け入れられるようになるだろう。

アンドロイドのガラパゴス化のほうが心配だなあ…笑

グーグルもAppleもクラウド銘柄として買い増したい。
方向性が違うのもいい。


追記 2011/6/8 21:21

iPhoneやiPadがパソコンとして使える。

これって、理想的なクラウドコンピュータだ。
あとは、無線通信の整備。WiMAXなどのモバイルルーターを使ってみよう。

日本に関しては、ソフトバンクだけではもう限界だ。

2011年06月02日

日本はどうなるのか?

原発事故、ホントにどうすんだ??

これまで日本が乗り越えたといわれている大きなショックは皆一過性のものだった。
原子炉の冷却までに5年以上かかるといわれている。

ほんとうに日本が復興するのかどうか正直言って疑問に感じている。

ここんとこ株式などの売り買いはほとんどやっていない。
ポートも以前のまま。
キャッシュを非常に厚くして信用などはもちろんなし。

いじる必要がない。
いじる気がしないと言った方が正確か?
上がっても下がってもどっちでも良い。

リスクヘッジという意味で購入している「日本国債ベア」は現状唯一の大赤字。
でもこれだけは唯一買い増している。

それぐらい信用できないのだ。
日本のリートだけは今後とも慎重にみておきたい。

とはいえ、元気な新興株と海外ものは追加したい。
安くなったら買いたい銘柄はいっぱいありますね!!
でも、こういうのに限って安くならない。。。

どっちにしても、信用を使わなければ怖いものは無し。
さらにキャッシュポジションを厚くしておけば、大きく下がった時に買い増しをすることも可能。




YouTubeの焼き直しの本だけど、原発事故の今後のステップなどもまとめられているし、売上の12%が震災復興への募金になるそうなので購入してみた。なお、大前さんは印税を全額放棄とのこと。
原発事故収拾の話しが一貫して貫かれていることに今回の震災の特徴が集約されている。
posted by kenta++ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする