2011年05月26日

株式投資をする理由

資本主義の社会だからである。
以上、おしまい!

雇用というのは、資本家のために働くという事です。

サラリーマンでいい。
でもそれだけでなく、少しでもいいから資本家側にも立ち位置を持っておくべきだと思う。
わずかな利益や損失などどーでもいい。

若いうちにいろいろなスキルを磨いて、将来独立できるようにしておこう。
資本家側に立った方が有利。経営者側でもない。
株を購入するとはそういうことだ。

2011年05月23日

守りのスタンス

原発事故はどうすんだ??
ますます先が見えない。
そもそも核廃棄物を10万年以上も管理しないということだけをとってもやるべきではなかった。儲かるからといって…
今後、数年、数十年はこの事故と付き合っていかなければならない。

で、ホントに日本は立ち直れるのか??

これまでの災害とは違い、震災以前に単純に戻っても復興とは言えない。だって、震災前から構造的問題が山積みだった。

ダメ押された可能性すら感じる。

今後は大増税はもちろん。既得権益者からの増税も必至。相続税などは、既に大幅増。景気がよくなる要素はどこにあるの??

さらに世界的な金融緩和が終わりつつあり、新興国は引き締めが進んでいる。

とはいえ、最低限の金融緩和は残さざるを得ず、不動産や商品などの現物重視方針はもちろんそのまま。外国ものの割合を高めておきます。
日本株は期待できそうなもの以外は換金売り。キャッシュポジションを高めておきます。
posted by kenta++ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

「購入者の約半分が初Mac」

「購入者の約半分が初Mac」--アップル販売好調の理由
CNET Japan 坂本純子 (編集部) 2011/05/11 12:03

MSのワードやエクセルが安くなったこともあるけど、ハードとソフトが一体になってるなんて、デザインからみれば本当は当然のことなんだ。切り離して考えること自体が矛盾。

Appleが頑固に貫き通してきたものはそういうことなのだろう。

それはそうと、実際に誰でも使いやすいし、おしゃれだし、バックアップなんかも簡単。これを一般の人が買わない手はない。しかも、本体のデザインや性能を考えるまでもなく、一番割安だと思う。

Appleとそれ以外、iPhoneとそれ以外、iPadとそれ以外。。。

とはいえ、Googleもヘッジとして買っておく。いろいろなサービスを使わせてもらっているし多様性がなくなるのはよくない。MSとか端末開発会社は買わない。


[オススメ]
SONGS FOR JAPAN
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
超マクロ展望 世界経済の真実
タグ:AAPL

2011年05月03日

Androidガラパゴス

iPad2を触りに量販店に立ち寄った。
iPad2はほぼ予想通り。
ワンサイズ小さいのが出たら買うかもしれない。

今はMacBookAirで十分だ。

それよりケータイ売り場のAndroidガラパゴスにはずっこけた。
まさにガラパゴス。
アップルがなぜ使いやすいのか、受け入れられているのか理解しているようには見えない。

当分Androidにする理由が無い。
不便になるだけだから…

2011年05月02日

現在のポート

本業が忙しくて(投資も本業ですが…)なかなか投稿できませんが、少しずつポートを入れ替えています。

東証に上場されている海外ETFのうち、AリートとアグリETFを追加。
Aリートは安いところをかなり以前から拾っています。
アグリETFは本日はじめて買ってみました。これから買い下がる予定。

地震リスクが当分高いでしょうから、J-REITをその分減らして、キャッシュポジションはかなり多めをキープしておきます。
首都圏直下型とか無い限りは案外大丈夫だということがわかりましたが、まだまだ何が起こるかわからないため。


■個別株式
AAPL GOOG
イオン 京王 パーク24
シナジー OKWAVE
アミタHD アサヒHD ダイセキ

■リートインデックス
東証リート指数連動ETF
AリートETF(オセアニアと欧米のミックス)
世界家主倶楽部

■リート個別
福岡 MID ADRほか

■商品
GSG
アグリETF

■為替
買い AUD NZD
売り USD EUR

■ヘッジ
日本国債ベアファンド


[オススメ]
SONGS FOR JAPAN
放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
超マクロ展望 世界経済の真実
posted by kenta++ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在のポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする