2011年02月28日

さくらインターネットのTOB

双日株式会社による当社株式のTOBについて
2011年2月22日 19:57 さくらインターネット創業日記

TOB(敵対的)ではなくて、実質MBO(経営者による買収)に近い印象。
まあ、上場は維持される訳で、MBOよりはうまいかな?

株価はTOB価格以下で推移していますが、募集が4,764株に留まっているので、按分になる可能性大。
TOB発表後にストップ高になっていますが、すぐに下げてます。

TOBだからってなんでもかんでも成行きで買いを出してはいけません。
まあ、お勉強としては良い参考事例なので記録しておきます。


[オススメ本]
超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書) 水野 和夫 萱野 稔人
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) 西原 理恵子
マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール マックス・ギュンター


posted by kenta++ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

気になることはいろいろあれど…

日本は平和だ。。。

1)海外…北アフリカ、中東の民主化運動はどうなる?
2)国内…赤字国債は発行できる?

国内では、名古屋の市議選がどうなるのかも興味深い。

過渡期というのは「今」のことかもしれない。
ならば「今」をよく見ておこうじゃないか!

ポートはそのまま。
株式はショートしておきたい感じがしてしまうが、大金融緩和真っ最中にショートするのは危険。
新興国は利上げで金融引締めに入っているから、ショートするならそっちかもしれない。

でもなあ、さすがに例えば中国株式指数ETF(1309)をショートするのは勇気が要るなあ(笑)


[オススメ本]
超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)
日本経済「余命3年」 <徹底討論>財政危機をどう乗り越えるか
やさしくあがりを治す本
posted by kenta++ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

インフォマ 4Q

平成22年12月期 決算短信

2月14日に発表になってから売られていたので気になっていたのですが、昨日ようやく詳しく見る時間ができました。
うーん、新規事業の立ち上げは難しい。。。

インフォマ推移.gif

ボリューム的には、新規事業よりも商談システムの大赤字のほうが問題。
営業利益としては、ほとんど受発注システムのみ。
新規事業の規格書システムは大健闘していますが、利益の伸びはまだまだ。

今期予想の中間は「先行投資」を理由に、利益面では前期比-50%超えの計画を出してきていますが、通期では若干のプラス予想。
うーん、前提がわからないので、不安を残します。

〔日経産業新聞〕 インフォマート 美容・医療向け企業間EC 受発注を効率化
2011年02月08日発行/5面

どこかで(笑)聞いたようなフレーズが飛び交ってます。
「美容」
「個人経営が多くEC活用が遅れている新分野への展開に乗り出す」

どうも手詰まり感を感じてしまうのは気のせいでしょうか??

インフォマは10万円前後で購入して、30万円を超えたこともありましたが、中国進出がうまくいかずダラダラ。
20万円台後半でかなり利益確定しているので問題はないのですが、今後どうするかは要検討。

クラウドが、商談システムの落ち込みをカバーできるようになるのを確認してからのほうがいいかな?
今のクラウド事業の赤字分以上の売上が産まれればいいのですが、いつになるか?

とはいえ、基本的に黒字企業で、受発注システムはまだ伸びている、自己資本比率75%、しかも高配当ということを考えるとじっくり待つ作戦もありそうです。ボリューム的には「受発注システム」の伸び率をみておくのが肝心。

受発注システムと規格書システムだけだったら、ものすごく良いのになあ。
そんなに都合よくいきませんよね。
posted by kenta++ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

自社株買いとMBO

目的が違うといわれればそれまでですが、、、

自社株買いとMBOは、共通点があるように思います。
ちゃんと消却すれば別ですけどね。

最近、本業が忙しくて、ポートはほとんどいじってません。
ろくに宣伝もしてないのに、どーしてこんなに案件が舞い込んでくるのか自分でも不思議です。
もーダメ、今年の分は終了!!

投資のほうは、終値だけさらっとチェックしておけば十分すぎる。
昨日の朝、シナジーのカイ指値を久しぶりに入れておきましたが約定せず(買値610円をあげたくないので信用買い)。
まあ、こんな感じでのんびりやってます。

これは酷い…

財務ハイライト

この純資産の減り方はすごい。
でもこれで驚いていてはいけない。

平成23年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

3Q時点での純資産をみると、あらら、、、
う〜ん、大丈夫なのだろうか??

posted by kenta++ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

「超マクロ展望 世界経済の真実」

超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)
水野 和夫 萱野 稔人
集英社 (2010-11-17)
売り上げランキング: 175


資本主義は、市場経済至上ではない。
当然だけど、国家は市場にものすごく介入している。

1974年以降の世界の動きをマクロにみるのは非常に楽しい。

全体の動きを把握しておくことは、資産運用にとって不可欠であることを改めて教えられる。
私が、常に全体の動きを気にするのは、いい会社だからといって、そのまま持っていてもダメだということを散々学んできたから。

日本の中小型株に中長期投資する場合、一番大切なのが全体の動きだと言っても全く過言ではない。
理解できない人は、単純な株式投資など辞めた方がいい。

最近流行のインデックスファンドへのバランス型の積立投資など、この本を読めばいかにいい加減な根拠しかないかがわかるはずだ。
だって、検証にもちいられている長期データそのものの背景が1974年を境に全然変わってしまっているし、1974年以降にも大きな断層がいくつかある。

残念ながら、なにも考えないで成功する投資方法など、絶対に無いのです。
posted by kenta++ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シナジーの今期予想と株価の動き

平成22年12月期 決算短信
平成23年2月10日

今期予想だけに注目が集まりましたが、なかなかいい塩梅で出して来たのではないでしょうか。

EPSでみると、
前期実積 57.95円
今期予想 73.73円
です。PER60倍で4423円、PER80倍では5898円。

しかし、どうやってこの数字を出したのでしょう??(笑)
会社側のご苦労が忍ばれる数字ですね。
おそらくここは固い線を出してきているように思いますが、、、

それよりも、発表日前の株価の動きを追っていました。
普段とほとんど変化なし。
インサイダー的な動きは全く感じられなかった。

新興株の場合、こういう視点が一番大切なのです。
タグ:シナジー
posted by kenta++ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

アールシーコア、FSC認証

FSC 森林管理協議会のCoC 認証を取得
2011.2.1.

「自然派個性住宅」を目指すBESSブランドにとってFSCは大きい。
というのも、ここの顧客は「FSC」とかの認証に敏感な客層だと容易に想像されるから。

なに? FSCを知らない。。。そういう人は読み飛ばしてください!

国産の杉材を使ったマシンカットのログハウスなんかは、林業再生がらみでも今後脚光を浴びそうですし、すでに薪ストーブなどは一部で流行が始まっています。そりゃそうでしょう、エコなんとかとかいう小賢しい設備機器なんかより、「ほんものの火」で暖まるのが一番。実際に使ってみた感じでも、エアコンなんかとはまるで温感が違う。逆にいうと、今のパワービルダーの安い家の仕様(集成材+合板+サイディング+クロス)では、完全に家が「薪ストーブ」に負けちゃう。パワービルダーが宣伝する「性能」という極端な断熱材や高気密も、安物のエアコン向きに合わせたものであって、パワーのある薪ストーブには向かない。そもそも「家は性能」なんて言ってる時点で発想が貧困なのだ。ちなみに、「薪」はペレットと同じくカーボンニュートラルなので環境にもいいんです。

でも、まさかこのIRで金曜日にストップ高になる訳もなし。。。
先週ぐらいから、複数の人が少しづつ買い上がっていましたから、その流れでしょうか??
いきなり上げたので、ちょっとだけ驚きました。


※完全なる蛇足(笑);

 投資や起業などで儲けた人が、高級マンションを買ったり、有名なハウスメーカーで大邸宅を建てたりしてるけど、あれは下品ですね。ほんものの豊かさを知らない。表面上の「エコ」に踊らされている人も同じだ。
 どうせなら、本物を建ててください。ログハウスに薪ストーブもいいけど、日本の本物の家をもっと指向すべきだ。本物のお金持ちはちゃんとそうしてる。

posted by kenta++ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

シナジー、販促費を捻出

米国セールスフォース・ドットコム・インクを第三者割当先とする新株式発行に関するお知らせ (126.2 KB)
2011年2月 1日

”調達資金の使途についての、セールスフォース・ドットコム・インクとの当初の合意により「Synergy!LEAD on Force.com」に関する販売促進費に限定されております。”

ここは、本当に資金調達がうまいですね。

さらに、株式の希薄化についても、

”今回の第三者割当増資により発行される株式および平成22年10月22日に当社が実施した第三者割当増資により発行された株式109,401株に係る議決権の数の、平成22年10月22日の第三者割当増資前の発行済株式総数 3,999,200株に係る議決権に対する希薄化率の2.9%であります(なお、平成22年12月31日の総議決権数に基づき今回の第三者割当の希薄化率を計算した場合、0.2%となります。)。”

と非常に配慮されており、経営陣への信頼感は非常に強い。

予想どおりのスピード感で製品も完成!!

当社と株式会社セールスフォース・ドットコムの協業による新サービス 「Synergy!LEAD on Force.com」の販売・提供開始。
2011年2月1日

シナジーは情報管理も優れていますね。
インサイダー的な動きは全くと言っていいほど感じられなかった。

さて、実際に売れるかどうかが今後の注目です。
しかし、このスピード感はすばらしい。
タグ:シナジー
posted by kenta++ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする