2010年05月27日

Google TV

「Google TV」が示すグーグルの野望--家電業界での成功の可能性を探る
文:Tom Krazit(CNET News)
翻訳校正:川村インターナショナル
2010/05/25 07:30

アップルの自社完結戦略と対極を行くから気になるのだろう。

グーグルには素晴らしいハードを創るDNAがないから、オープン戦略が有効。昔、WindowsとOfficeで世界を席巻したMicrosoftとどこか重なるのだ。

鍵は、Androidと広告。

ケータイOSとしてもいつのまにか普及しているし、TVもそうなる可能性が高くなってきた。問題は、どうやって広告収入を得るかだけど、こればっかりはよくわからない。

アップルの補完として持つのであればグーグルしかないのではないか?
両立しそうな気もする。
アップルとグーグルは収益源がことなるから。

ラベル:GOOG

アップル、株式時価総額でマイクロソフトを抜く

アップル、株式時価総額でマイクロソフトを抜く
文:Ina Fried(CNET News)
翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦
2010/05/27 11:11

もうそんなことになっていたんだ。
まだまだこれからという感じなのですけどねー。
PER20倍ぐらいでうろうろしてるし。

AAPLはユーロショックもほぼ関係無しですね。
乱高下はしてますけど。

それよりも、グーグルが気になっています。
ラベル:AAPL

様子見と指値

買うものは少し買えましたし、しばらく様子見。

USDも$86~$80にかけてカイを入れっぱなし。
EURはしばらく放置。
NZDは55以下なら買い増し。

円が割高になってますから、素直に円を売ってもいいかなとも思いますが、もう一回大きく恐怖感が市場を覆うことも想定しておきます。

まあ、そんな感じです。

日ロジ
福岡リート
エクセレント

などの優良リート、

ADR
リテール
プレミア
MID


などの中堅リートなども、下の方に指値を入れっぱなし。
割安感のないフロンティア、ユナイテッドなどは入れてません。あと、調べてない銘柄ももちろん入れてません。
カイを入れているとなかなか下げない感じがするから不思議。

資産評価はこの1〜2週間で、新車を何台もぶっ壊してますが、信用も使っていないし、ぼーっとしてるだけです。

さて、本業の仕事します。
こういう時期の投資は楽しいから、ついハマってしまいます。。。
posted by kenta++ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

下落局面

今回の下落は、どうなるんでしょう??

ソブリンリスク=財政引締め

ユーロ問題は当然長引くでしょうから、ユーロ売りはそのままにしておいて、米ドル売りを半分リカクしようかと考え始めてます。2年以上持っていた米ドル売りポジションをここで半分リカクすることになります。

あと、気になっているのが、リート。

リートは、いちおう(笑)”現物資産”ですし、当面は金利が騰がる気配がないようなので、実力のある銘柄で分配金利回りが6%以上あるもの、もしくはスポンサーが変わったり合併したりした銘柄で分配金利回りが7%を超えるものには興味があります。

今日の値段はすでに買ったレベルなので、もう一段下げたら考えてみようかな??

どちらにしても今から売るものはないです。
どーでもいい銘柄は、前にも書いたようにすでに売っています。
posted by kenta++ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

グロワン 大手町ファーストスクエア

保有資産のテナントの異動に関するお知らせ
平成22年5月21日

大手町ファーストスクエア、3月末で三菱マテリアル撤退後の具体的な動向が見えてきました。
三菱マテリアルが借りていた7,447.15m2のうち、4,009m2ぐらいが決まったようです。8月中旬からなので9月期の分配金には間に合いませんけど、一安心。

銀座、南青山は、まだ稼働中ですし、これからですね。
賃貸先の分散が図れるとすれば、案外よかったかもしれません。

結果がわかるのは、来年の今頃ですかねー。

でもまあ、
大手町ファーストスクエア
TK南青山ビル
銀座ファーストビル
どれを見ても、いい物件。

7件しかないグロワンですが、それもまた良し。
posted by kenta++ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルケルショック??

今回の世界的な株価下落を招いたのは、メルケルさんの議会での規制強化の発言。

市場は案外正直に反応。。。

ギリシャとか、ユーロ危機とか、確かに構造的な問題はありますが、ユーロ安への誘導策のようにも見えます。ドイツの輸出、ヨーロッパ各国の観光産業、、、

アメリカもかつて何回も使った常套手段です。

世界的な下落が続いていますが、リーマンショックとは景色が違います。なんとなくですけどね… それにこの下落のおかげで出口戦略延期の可能性が高くなった。

こういう展開になると、買いたくてうずうずしてますが、日本株は数株買うことで我慢してます。REIT中心に下値を拾ってます。

さきほど、久しぶりにグーグルを買ってみました。$465付近でうろうろしていますが、ちょっと早かったかな??

ソニーが連携したいのはわかりますが、グーグルの収益源拡大のお手伝いをしているようにも見えます。TVやケータイでの今後の広告収入動向が気になります。自分では使う気が全くしませんが、アップルはアップルだけで完結しすぎてますから、今のところアップルの補完の意味が大きいかな。。。TVのブラウザ化もグーグルにとってはメリットがありそうな感じがします。
posted by kenta++ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

10年後も「絶対に生き残っている」会社

10年後も「絶対に生き残っている」会社[後編]
2010年05月19日(水) 週刊現代

単なるメモです。
こういうのを買うんだったら、長期保有に耐えるファンドに任せたいなというのが私の感想です。



(蛇足)
 本日の朝は、少し拾いました。
 怖いですが、投げ売りが出ているので。。。
posted by kenta++ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 長期投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

リートや小型株が…

リートや小型株が、今日の午後は投げ売り状態だったようですね。

ザラ場はみていませんけど、先週も1日こういう日がありました。
今日より、もっとひどい投げ売りでしたけど…

ザラ場みていたら、買っちゃってたかな(笑)。

とっても怖い…

確かにユーロは怖いですが、ユーロ安になればその中心であるドイツやフランスなんかは、前にも書いたようにギリシャのおかげ?で、輸出産業や観光産業等は却って有利になっちゃう可能性もある訳です。

財政緊縮とユーロ安のどっちが勝つのかはわかりませんが、PIGSがダメダメでもドイツやフランスがその分稼げば、全体としてはそんなに悪くない、という状況も想定されるように思いますが… あまり誰も書いてませんね。

中国も怖いですが、独裁国家ですからねー
そういえば、ドバイショックはどうなったんだっけ… もう皆忘れちゃってるし…

経験則では怖いときに買うのが一番いいのですが、、、
とはいえ、何があっても大丈夫な範囲内で…

まあ感情に左右されないことです。
ゆったり楽しめないのだったら、投資なんて止めちゃった方がいい。
それは絶対に言えます。

posted by kenta++ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

ユーロユーロユーロ

仏大統領、ギリシャ支援で欧州全体の関与なければユーロ圏離脱と発言=新聞
2010年 05月 15日 00:17 JST ロイター

商品価格は長期的に上昇、ユーロはいずれ消滅=ロジャーズ氏
2010年 05月 14日 15:41 JST ロイター

ロジャース氏はともかくサルコジさんがほんとうにそう言ったのならば、かなり本音も混じっているように思う。メルケルさんも本音はどうなんでしょう。。。

ユーロの崩壊はともかく根本的な解決策は、
1)ユーロが一つの合衆国になり今の国は州になる(財政の一本化)
2)ユーロをやめる
の2つしかないような気がします。

常識的に考えて、赤字国の支援や補填をしてあげるなんてことはおかしい。ギリシャなんかも、本当であれば自国通貨暴落で再建も可能になるはずがそれも出来ない…

というわけで、ユーロに注目。

今のユーロ相場は、ギリシャのおかげ?で、ドイツにとってはかなり割安な水準なのではないか?

ユーロ安、株安はともかく、マネーはドルやゴールドに回帰。
そのドルよりも強いのがわが国の「円」!!

とりあえず、ヨーロッパ旅行にでも行きたい気分だ。
posted by kenta++ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「運用のプロが教える草食系投資」

運用のプロが教える草食系投資
渋澤 健 中野 晴啓 藤野 英人
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3990
おすすめ度の平均: 5.0
5 顧客の利益を追求したファンド&書籍!
5 ありそうでない投資の本質を説く本
5 投資の方法も人それぞれ。と言うことを教えてくれる本


2時間ほどであっという間に読みました。
「直販投信」の本です。

「草食系投資」と書いてあるから、インデックスファンドの本かと思いましたが、インデックスはおひとりだけ。あとは、バリバリのアクティブ…笑

私の好みは、「ひふみ投信」かな??
現金比率を大きく引き上げることもある、という点が私のスタイルに似ています。

それでも、インデックスも最近はよく使うし、先週リカクしたEEM(新興国指数ETF)なんかも、1年ぐらいで90%ぐらいの利益が出ましたから、インデックスだから少ししか儲からないなんてことはないと思います。

書いてある内容は、要するに「直販型の投資信託」の話し。

確かに証券会社から投資信託を買うと、販売手数料は取られるし、信託報酬もなぜか販売会社まで一部持っていくし、訳わかんない。あと、相場が安い時に解約が多く、高い時に資金が入るから、ファンドマネージャーはやってらんない、、、というのはわかります。

とはいえ、話しの内容がもう少し整理されているとよいなと思います。
結局、メリットは「直販」であり、運用はそれぞれ。月々の積立型にして欲しいとのことですが、それぞれのファンドの中身は結局お任せでよくわかんない。

まあ、投資信託も、個別株式や債券やリートやETFと同じく、運用のパーツですから、「個々人の運用」がうまくないと結局うまくいかないということなのだと思います。

絶対はあり得ないのですから…
それでも「直販」を少し買ってみてもいいかなと思ったりもしています(笑)。
posted by kenta++ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

現在のポート

ここんとこ少しいじってます。

リートの個別株を追加したのが一番大きい。リートの個別株は結構値動きが荒いです。早く売りすぎたと思っていたアドレジなんかも結局売値を下回っていましたし。。。でも合併やスポンサー変更など激しく動いているので、少しはまともになっていくといいです。

あと、ユーロの問題は、短期的には資金供給ですが、各国の財政緊縮と一体化してますから、念のため新興国EEMを一端リカク。GSGも少しだけリカク。また下がったら買いたいとおもいますが、ユーロがハッキリしてから。

短期的に資金供給しちゃってますから、むしろ騰がっちゃうかもしれませんが、それはどーでもいいこと。「チューリヒの公理(原題訳:マネーの公理)」に書いてある「早めのリカク」はこういう時に使うべきだと勝手に思っています。

為替ヘッジも、USDはそろそろかな?
まだ相当早い感じがしますが、ユーロで連れ安したときかな?

とはいえ、まだまだ大きく買いのポジションですねー。

あ、そうだ、AAPLがポートに占める割合が大きくなりすぎてるので、$300までいったら少しリカクしようかな? そんなに行くんかな??(笑)
お忍び銘柄も少しおとなしくしておきました。

あとはイオンかあ。。。waon&イオン銀行、モールなどの可能性をもう少しみてみたい気もしますが、、、子ども手当てもあるので、少しは小売りも残しておきたい。

GOOGも気にはなっていますが、エンタープライズはねえ。。。


■株式個別
AAPL、イオン (株式+CB)
お忍び銘柄…インフォマート、(JP)

■株式ファンド(EEMはリカク)
世界配当倶楽部

■J-REIT 指数
東証リート指数連動ETF

■J-REIT 個別
グロワン、MID、プレミア
エクセレント、アドレジ

■World REIT
世界家主倶楽部

■商品指数連動
GSG(少しだけリカク)
ネーチャーメイド

■外貨
USD, EUR 売り
NZD 買い

■債券ファンド
日本債券ベア
posted by kenta++ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在のポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J-REITと現物不動産

リートが水曜日後場に何故かずいぶん下がったので、少しだけ追加とクロス。
クロスというといい感じですが、一種の損出確定と再出発のことです。
とにかくポートに赤字があるのが大嫌いなもので。。。

グロワン(クロスと追加で購入単価を下げておきます)
MID(買値付近205に戻っただけなのでそのまま)
プレミア(クロスで購入単価を下げておきます)

エクセレント(どさくさで44万円台で新規購入)
アドレジ(どさくさで12.0万円前後で再度参戦)

日ロジ、福岡あたりも欲しかったのですが、利回りが低いので見送り。
無理はしません。



さて、リートもいいけど、そろそろ現物不動産。
竹田和平さんも言う通り、所詮お金は幻、何が起こるかわかりませんしね。

お金なんて、低金利の日本国債が見放されたらおしまい。
その場合は、歴史をみると、預金封鎖かハイパーインフレ。
自国通貨だからいくら借金しても大丈夫なんてわけがない。

金融資産だけでは、何をされるかわからん。

自分の家ですけど、低金利のうちに「金利固定型住宅ローン」を組みたいと思っています。ぜんぜん借りる必要はないのですが、仮にハイパーインフレになったら、通貨の価値は下がるは、金利暴騰だわで、借金をたくさんしておいた方が断然有利。

これがほんとのヘッジです。
ですが、現在出回っているパワービルダーのシンプルローコスト住宅なんかに惑わされているようじゃだめですけどね。

よく勉強しましょう!!
とはいえ、いつものように自分のための妄想です、あしからず。
posted by kenta++ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ユーロユーロ

ギリシャ危機 ユーロ防衛、最大89兆円
(2010年5月10日 読売新聞)

緊急対策「欧州金融安定化メカニズム」総額7500億ユーロ(約89兆円)

その1)基金創設(EU加盟国27か国) 7兆円

 EU加盟国(27か国)の資金繰りを支援する基金(融資枠600億ユーロ=約7兆円)

その2)特定目的事業体(SPV)設立(ユーロ圏16か国) 52兆円

 3年間の期限付きで特定目的事業体(SPV)設立
 ユーロ圏各国が償還を保証した債券を発行して調達した資金を、危機に陥った国に最大4400億ユーロ(約52兆円)融資

その3)国際通貨基金(IMF) 30兆円

 最大2500億ユーロ(約30兆円)の資金拠出

合計で89兆円。

だそうです。
どちらにしても、資金供給するわけです。
しかし各国の財政は引締めって、結局収支はどうなってるん?

ユーロ圏の財政監視強化へ 来年から
(2010年5月13日 読売新聞)

各国の予算にEUが介入??
どうやって??

国債を発行できなくする?
増税?
歳出カット?

ユーロがますます訳わかんない。
でも資金拠出って、資金供給のことですから、その2)のSPVあたりが非常に怪しい感じがします。

ますます資金があふれて、マネーはどこに向かう?
posted by kenta++ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

ユーロ

財政が各国バラバラなんてありえない。
為替の実質固定相場制は高く付くと思う。

ひとつの国としてユーロが機能することが重要だけど、あまりに高い壁ですね。
というわけで、かなり慎重に見ておきます。

「中立」以下かな。。。
ヘッジを掛けたいところですが、これからだと難しい??

2年以上かけているFXによるドルとユーロのヘッジ売りは機能しているようです。
ドルは110円売り、ユーロは137円売り。
買いはNZDの55円(金利稼ぎ用)。

円が暴騰するようでしたら、NZDかAUDを買いたいと思いますが、めっちゃ安いときだけ。
posted by kenta++ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

恐ろしい動きだけど…

dow20100506.gif
AAPL20100506.gif

今朝の日本時間午前3時すぎに急落しています。
あまりに激しい動きなので記録しておきます。

ダウは一時10000割れ、アップルでさえ一瞬200ドル割れ。。。
アップル200ドルで買いを入れていれば約定したかもしれません。

現時点では、発注ミスとの噂もあります。
さらに、ユーロ円は110円台まで付けています。

下手に中途半端なストップロスや下値での指値を差したままにして置くと大変なことになりそう。

「目に見えないものに価値をつける」のが市場の一つの機能ですから、市場心理はかなり懐疑的になっているのは間違いない。

2年前の暴落後、ず〜〜〜っと財政出動してきているわけですから、国債の価値に懸念がでると、直接国債を保有しているところだけでなく、政府が財政出動しにくい雰囲気になりかねませんね。

日本は当面大丈夫でしょうけど、高齢者の財産がどんどん子や孫に流れて消費されまくってますから、この先も預金が持つかどうかはわからん。というか、減る可能性の方が高いでしょ、このままでは。

ギリシャが緊縮財政法案を可決、欧州首脳は動揺する市場批判
5月7日9時11分配信 ロイター

政治家と市場の戦いって、意味わかんないです。

昨日から、安全運転に切り替えています。
利が乗っていて当面不要な銘柄はとりあえず利益確保しておきます。

逆に欲しい銘柄は、ちょっとづつ手を出してみるかも…
問題は、信用不安にまで発展するかどうかですが、サブプライムのときも最初はこんな感じだったし、どんな展開になるのかさっぱりわかりません。
posted by kenta++ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

MIDリート

[補足資料]業績修正に係るプレスリリース補足資料(平成22年4月30日)(PDF:384KB)

なんですかこれは?
ぐちゃぐちゃ書いてあるけど、要するに分配金が減るということですね。

パナソニックも相当厳しそう。
パナソニックに一棟貸しを継続っていうのが理解できないな。パナソニックが空きフロアを出すんだったら、他に貸すべきでしょう!!!!!

関西電力も借金の信用力としては、かなり貢献するでしょうけど、なんかリートで稼ごうという意欲?も垣間みえてきました。

う〜ん、橋下知事のいる大阪エリアには期待したいけど、どうなんでしょ??

それでも、信用力回復と安全運転の財務をみてると、分配金年率7%あれば現時点のリート相場からみると十分に割安な感じはしますけどね。

どうも、今回のリート投資(グロワンとMIDとプレミア)はいきなりケチがついて遺憾です。割安な銘柄には、結局なにか隠れているということでしょう。

暴落するようであれば、少し買ってみてもいいかも。
でもスポンサーに甘過ぎだ… どこもあんまり大差ないけど。
posted by kenta++ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPadでFlashが見れないとわかったら…

iPhoneでFlashが見られなくとも、画面が小さいのでたいした問題にはならなかったけど、iPadだと大きな問題になるでしょう。

Flashは現在ADOBEが保有していますが、私なんかはマクロメディアのイメージが強いですね。ADOBEは買収しただけなんですよ。

ジョブスは強引すぎるけど、筋を通しているように思う。iPhoneやiPadにFlashを表示するのは簡単だ。でもそういう無駄なことはしたくないのだろう。一刻も早くHTML5に移行したい、そうすればそもそもFlashはいらない。

ADOBEは買収したFlashがなくなっちゃうのが困るだけなんだと思う。投資的に失敗になっちゃいますから。買収してなかったら、たぶんジョブスと同じことを言っているだろう。

ADOBEといえば、頻繁にバージョンアップで稼ごうとするモデルはもうダメだ。イラストレーターもフォトショップも、あんなに機能はいらん。それなのに、毎年のようにダイレクトメールで「バージョンアップ特別価格」といっている。

さすがにつきあいきれん。。。
バージョン古いままで結構です。

バージョンアップ商法ではなくて、メンテナンス契約を年間コストとして明確にしてくれたほうがよほどいいのに。初期コストももっと下げられるでしょう。

パッケージソフト(懐かしい響きだ〜)の価格は、そもそもバカバカしいほどの格差。ノーマル版に比べて、アカデミック版は半額… ふざけてません?

MicrosoftがAppleやGoogleと同調”Webの未来はHTML5だ”–IE固有仕様がやっと一掃へ
by Erick Schonfeld on 2010年5月1日 TechCrunch