2010年04月26日

NTT都市開発、プレミアを買収?(追記あり)

NTT都市開発、不動産投資信託に参入
2010/4/26 2:05日本経済新聞 電子版

「プレミア投資法人が5月にも実施する約30億円の第三者割り当て増資を引き受け」
「NTT都市開発はNTTが保有地の有効活用を狙って設立した子会社で、今後は保有物件をREITに供給することを検討する」

というところに注目。双方にメリットがありそうではある。

先々週の分析からは、プレミアを外していましたが、ちょっとだけみておきます。

プレミア投資法人
 LTV 50.1% (ただし5月に30億の第3者割当がありそう)
 短期 3,480百万円
 長期 40,982百万円
 投資法人債 25,000百万円

 含み益 2,262百万円
 一株純資産 539,538円
 配当 次期予想 13,160円

 時価400,000円として、
 PBR 0.74倍
 配当利回り(年率換算) 6.58%

ん?なかなか魅力的な水準ですね。
ほとんど分析してませんので、今日はこの程度に。

仕込みをするとすれば、権利落ちする明日以降かな?

ちょっと気になるのは、
「NTT都市開発はNTTが保有地の有効活用を狙って設立した子会社で、今後は保有物件をREITに供給することを検討する」
という点ですが、これをいいだすと不動産開発系(商社含む)のリートは買えなくなっちゃいますね。

とりいそぎ。


■追記;2010年4月27日16:35

予定通り、権利落ち後の今日40万円で少し購入しました。
まだまだ買い下がりたいと思います。

なお、昨日正式にプレミアから発表されました。
増資とともに久々の物件取得が発表されています。まあ、こちらは希薄化による分配金の少し低減する程度だと思われますが、忙しくてちゃんと調べていません。

NTTの信用力による有利な資金調達力に期待です。金利は今より下げられるでしょうから、レバレッジが効きやすくなりますが、どの程度かは調べてる余裕なし…

う〜ん、もう少し時間が欲しい。
posted by kenta++ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5年間のパフォーマンス

index-aapl5y.jpg

Apple(AAPL)と、インデックスETFの5年間の推移です。

IVVがアメリカのS&P500、EFAがアメリカ以外の先進国、EEMがご存知新興国の指数連動ETF。個人的にはEEMを暴落時のみに購入したので、現状80%ぐらいの含み益が得られています。

個別株が大成功中のアップル(とはいえ5年前はまだiPod時代)なので、比較は極端になってしまいますが、インデックスのほうはEEM以外は目立ったパフォーマンスを得られていません。

5年間、単純に毎月同額を積み立てる方法を取ったとしても、先進国のインデックスから得られるパフォーマンスはほとんどありません。EEMを買っていたとしても30%程度ですが、インデックス投資の人はEEMの割合を20%以下とかに設定しているでしょうから、全体としては数%の利益。

この5年間にだけ限って言うと、インデックス投資はボラティリティは多少減りますが、得られるパフォーマンスは投資総額1000万円として、5年間で数十万円ということになります。

インデックス投資は、年収800万円以上の人が、コツコツ小銭を稼ぐのには向いているかもしれません。ハッキリいって、お金持ち向きだと思います。

投資で最低でも1000万円以上のリターンを狙っているのであれば、株式の場合は個別株しかないと思います。(FXや先物は難しすぎるし、目安がない。)

アップルだけでなく、アマゾンやグーグルへの投資でもかまいません。ですが、下のグラフでこの5年間をみると、パフォーマンスは大きく異なりますね。

AAPL5years.jpg

で、問題はこの先。。。
こればっかりはだれにもわからない。

個人的には、世界全体が小さくなっているので、インデックスで分散して世界全体を買ったとしても、これまでのようなパフォーマンスはなかなか得にくいと思っています。特に、今の先進国だけではなおさらです。

思いっきりダメなときに買うのは案外リスクが少ないことがわかります。もちろん、銘柄しだいですけど。

いつものことですが、勝手な妄想です。あしからず。
posted by kenta++ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 長期投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

グローバルワン(追記あり)

保有資産のテナントの異動に関するお知らせ
平成22年4月22日

TK 南青山ビル
(1) テナント名 : 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
(2) 賃貸面積 12,243.57m²
(3) 当該資産の総賃貸面積(注2)に占める割合 : 87.4%
(4) 本投資法人の総賃貸面積(注3)に占める割合 : 13.3%
(5) 賃貸借契約解約日 : 平成22年10月20日

ということで、さすがに売られました。
大手町ファーストスクエア、銀座ファーストビルに続く大型テナントの退去。

平成 21 年 9 月期末時点の保有不動産の評価額に関するお知らせ
平成21年10月30日

7物件しかないのが注意点と書きましたが、そのとおりの展開。
大手町ファーストスクエアの三菱マテリアル(当該ビルの90.8%)
銀座ファーストビルの社名非公開2社(当該ビルの22.8%と30.9%)
さらに今回のソニー・コンピュータエンタテインメント。

私なんかは、欲しい銘柄に一過性??の悪いニュースがあった場合は、買い意欲が旺盛になってしまいますが、ここはさすがに少し我慢か。

値段次第ですね。


■追記;2010/4/24

昨日、予想以上に売られましたので、58万円台で少し追加。
今後も買い下がる予定です。

南青山のSCEの退出は10月20日。現実に空室が出たのは3月末の大手町の三菱マテリアルだけ。銀座は5月末と7月末と9月中旬。

7棟しかないのに、現時点ではまだ大手町と銀座と南青山で大きな穴が空いてますから、心配で売られるのもよくわかります。

しかし、冷静に考えると、建物の価値そのものが減る訳でもなし。物件も7つだけですが優良物件ばかり。テナントが埋まるかどうかで決まりますが、長い目で見れば大口への一極賃貸より多少分散した方が安心感が増すとみています。

直近の鑑定結果でも、大きな含み益があるリートですから、帳簿上の一株純資産794,801円が、今なら58万円で買えちゃうのは個人的には魅力的。

どこまで下がるかですね。
心配な人は絶対に買わないように!!
タグ:グロワン
posted by kenta++ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

次世代iPhoneかっこいい〜 流出騒動

iPhone 4G: is this it?
Engadget

This Is Apple's Next iPhone
Gizmodo

発売前の新型アイフォーン流出 ネット上で「中身」ばらされる
4月20日16時42分配信 J-CASTニュース

最近、ちょこちょこ漏れるようになってきました。
わざとか??笑

ほんとだとしたら、なかなかかっこいい。



さて、アップルの2Q決算が発表されたようです。

米アップル1−3月:90%増益、iPhone好調−株価上昇(Update2
Bloomberg

粗利益率は41.7%!!
株価は時間外で$250超え。
それでも、PERは低下となっています。

でもまだまだこれから。。。
アップルに投資してなかった人って、私には信じられない。
でも人それぞれでいい。

タグ:AAPL iPhone

2010年04月20日

驚くべき米国内での強い需要に直面

2010年4月14日 報道発表
Appleは本日、以下の声明を発表いたしました。

"Appleは、iPad™を発売後最初の一週間で50万台以上出荷いたしましたが、予想をはるかに超える需要があり、より多くのお客様がiPadを実際に手に取って見られる中、今後数週間にわたって私どもの供給を超える需要があるものと思われます。また、iPad 3Gモデルにつきましても、4月末の納期分に対し数多くのご予約をいただいております。

このような驚くべき米国内での強い需要に直面し、iPadの米国外での発売時期を1ヶ月延長して5月末とするという困難な決断をいたしました。5月10日 (月) に、米国外での販売価格を発表し、オンラインでの予約受け付けを開始いたします。iPadの発売を待ち望まれていた米国外の多くのお客様には、このニュースに失望されることと思いますが、iPadがかくも米国で大成功を収めているという発売延期の理由を聞いてご了解いただけることを希望いたします。"


50万台という数字は、どうなんでしょう??
さすがに絞り過ぎ。
まあ、いつものことですが…

アップルは、今後「電子書籍」と「広告収入」が新たに追加されます。

アマゾンも「電子書籍」で先行していましたが、単価が安くなる分、大量に売らなくてはならず、かなり厳しそう。アップルが新たに追加というのと雲泥の差です。

アップルのPERが20倍台で、アマゾンのPERが60倍台というのは、私にはどうしても理解できません。営業利益と時価総額を中心にみてますから、なおさらです。

グーグルは、決算発表後に急落しています。
決算が良好ですが、伸びの鈍化が嫌われているようです。
エンタープライズに進出とのことですが、まだ私にはよくわかりません。

ということで、この3社はどれも絶好調ですが、アップルが一番いいポジションにいるように思います。

これで6月に、新型iPhoneが続くと考えられますから、いったいどうなるのでしょう?
全くもって、なんて会社なんだ!!

アップルフリークという言葉がほとんど「死語」になってしまって、うれしいやら悲しいやら。。。
タグ:AAPL iPAD AMZN GOOG

J-REIT 急騰中

昨日、グロワンを追加。
結局、先週始めからで買えたのは、グロワンとMIDと産業ファンドのみ。

メインで欲しかったのはグロワンとMIDでしたから、結果的にはまあまあ。
アドレジを売ったのは早すぎました。

メイン
 グロワン
 MID

サブ
 福岡
 阪急
 アドレジ
 エクセレント
 日ロジ

大穴
 産業ファンド

という感じでした。

まあ、深追いせずに行きます。
時間があったら、分析内容もいつかメモしておきたいと思っています。

posted by kenta++ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

個別リートがなかなか約定しない…

今週のJ-REITは、騰がる一方でどうにもなりません。。。

ちょっと買えたのは、
グロワンとMIDリートだけ。

う〜ん、困ったもンですなあ。。。

MIDはなかなか騰がらなかったので買えた。
スポンサーが関西電力に変わっているのが、まだまだ反映されていない感じ。
借り換えで借入金の金利が普通になるだけでも、分配金が増えると思いますが、、、
鑑定結果に従って評価損を割り引いて考えても一株資産を大きく割り込んでいます。
関西中心なのも、J-REITインデックスの補完としてはいいです。

グロワンも、大口テナントの三菱マテリアル撤退と3月末決算銘柄ということで下げてたのでしょうけど、個人的にはかなり割安感があります。物件数が少ないので注意が必要でしょうけど、2万円台の分配金余力は魅力的。

そのほかの銘柄は、、、どうしましょ??

posted by kenta++ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐るべし

アマゾンの安さと早さは、すごいです!!

ペンタックスの交換レンズを買おうと思って、カカクコムをみたら、一番安いのがまたまたアマゾンドットコム。

最近、コンデジも交換レンズも、、、みんな量販店で実機を試してみて、アマゾンで買ってます。だって、量販店よりもぜんぜん安いんだもの。

アマゾンは大量仕入れが可能ですから、量販店レベルではもはや対抗できないのかもしれません。危うし、ヨドバシ、ビッグ、ヤマダ!!!(ショートしたい…ぐらい…笑)

さらに、今日の注文にも驚き。

Amazon.co.jp ご注文の確認 10:03am
Amazon.co.jp ご注文の発送 2:43pm

ですからね。クリックして、4時間半後には発送されていることになります。
本もバシバシ買ってますし、恐るべしアマゾン。

2010年04月12日

雑感

良品計画も住生活グループも、持ってればよかったな〜〜〜^^;
でも、この中ではいちばんたくさん持っているイオンが伸びてるから、贅沢は言えませんね。

今でもイオンはまだまだ伸びしろがたくさんあるとみていますが、良品計画と住生活にはそれほどないとみていますから、これはこれでよし。後追いはしません。

株式投資の難しいところは、先を読まなくてはいけないこと。
数字になって表れたときには、すでに手遅れです。

しかし、こんな大雑把な私でも買う前にはいろいろな数字をみます。
一番使うのは割安度。これが80%以下になっていて、さらに成長性が期待できる場合に限ります。成長性というのがくせ者なのですけど、グチャグチャにみえるようなところに隠れているからやっかい。整然としている会社は意外と伸びない。

割安度はある程度数字で把握できますが、成長性だけはそれぞれの「勘」によるところが大きいと思います。それでも根拠は必須だと思います。

割安で、しかも成長性がある銘柄だけに投資したい。

PER60倍以上のアマゾンをなかなか購入できないのは、割安ではないから。
2倍3倍という感じはどうしてもしないんですよね。根拠がない。



しかしなあ日曜日に、J-REIT個別銘柄で、割安であっておもしろそうなのを少しピックアップしたのに、今日の相場で買う気が失せました。逆に、ちゃんとした分析前にお遊びで買ってあったアドバンスと日本リテールを売っておきました。分析した結果のポートの入れ替えとしては、今日の急騰はよかったのかもしれません。

まだまだ、この先チャンスはいくらでもあるでしょう。
posted by kenta++ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

グーグルに狙いを定めた??

アップル、「iPhone OS 4.0」を正式発表
文:Tom Krazit(CNET News)
翻訳校正:湯木進悟
2010/04/09 09:05

マルチタスクにフォルダ機能、、、
それだけでも、十分に楽しみなのに、iAdですか。

もうAppleの勢いが止まりません。

無料アプリへの広告収入に目を付けるのを、あたりまえのようにやってのける。
広告収入の6割はアプリ開発者へというのもいい。

広告収入と言えば、グーグルの独壇場。
少し切り崩すだけで、可能性は大きく広がる。

iPadで浮かれてるうちに、次々と次の布石を置いて行く。
なんて会社なんだ。
タグ:AAPL

2010年04月08日

iPad とネットブック

「iPad」などタブレット、ネットブックの市場シェアを奪う--米調査
文:Lance Whitney(Special to CNET News)
翻訳校正:湯木進悟
2010/04/07 08:47

ネットブックは、iPadおよびその真似事商品に食われるのは想定済み。

しかしまあ、日本のパソコンメーカーはなさけない状況。
ネットブック、スマートフォンでは大幅に出遅れるし、今度はタブレットPCですか。。。

またまた後追いで儲からない後追い商売をするのでしょうなあ。
まるで昨日のサッカー日本代表メンバーのようだ!!

消費者を怒りというよりも諦めの胸中に落とし込んでくれるのだから凄い。
ワールドカップで3連敗しても誰も驚かないでしょう。

「なぜ世界一でなければならないのですか?」

と事業仕分けで質問した蓮舫議員の言葉が、今の日本の空気。
無理しなくても、まだまだ大丈夫だよという空気。

投資家的には、海外に投資すればいいだけだからどーでもいいけど。
ガンバレニッポン!!
タグ:AAPL

2010年04月07日

Jリートインデックスを補完できる銘柄探し

J-REITインデックスへの投資は、

都心部 オフィス 時価総額大

に集中している。


■都心部以外が中心のファンド

 福岡
 阪急
 MID

■オフィス以外が中心のファンド

 日ロジ(物流)
 フロンティア(商業)
 日本リテール(商業)
 産業ファンド(物流、インフラ)

 アコモ(住居)
 アドバンス(住居)

■時価総額が中堅でおもしろそうな銘柄

 ジャパンエクセレント(オフィス)
 グロワン(オフィス)
 ユナイテッド(オフィス)

以上を少し調べています。
時間がなかなかとれないのがつらいです。

ただ、個別で買う場合は、配当利回り6%以上で、今後配当利回りの低下(元本価格上昇)が期待できそうな銘柄を選びたい。

スポンサー変更や、合併銘柄なんかも、おもしろそう。
買うのは、もう少し相場が落ち着いてからかな。

※このエントリーは大幅に書き換える可能性があります。
posted by kenta++ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

「偽善エネルギー」武田邦彦(追補あり)

偽善エネルギー (幻冬舎新書)
武田 邦彦
幻冬舎
売り上げランキング: 43973
おすすめ度の平均: 3.5
5 海水の熱容量は大きい
5 それでも、本書を評価します
3 読み物としては面白いけど・・・
3 観点は間違っていないが、説得できるだけの理論武装が不十分
5 CO2という悪者を叩けば安心?


おもしろかった!!
長期投資家向け?のとてもいい本です。

投資本なんか読んでもダメ。
こういう本を読んだ方が成功確率高いと思います。

"使い勝手のいい石油はあと30年でなくなる
使い勝手の悪い石油はまだ2000年分以上あるが利用技術が必要
日本の電気はもともと石油を使っていない

安全な原子炉(軽水炉)を使えば安全
原発の安全をおびやかすのは「人災」
現在の原発であと300年はエネルギーが得られる

もっとも解決が容易なのは「電気」
もっとも足りなくなるのは「液体燃料」「医薬品」「工業薬品」

太陽光発電、風力発電は日本には全く向かない

などなど"


読んでみればわかります。
基本的に商品指数連動ETF(ティッカー GSG)は外せませんね。

※このエントリーはあとで追補する可能性大です。
posted by kenta++ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ以上の広告効果はあるのだろうか?

『iPad』、各紙の先行レビューまとめ
2010年4月 2日 WIRED VISION

うなるしかないな。
まいりました。


iPadの本質は「透明なデバイス」(動画)
2010年4月 2日 WIRED VISION

「iPadは消える」

はいはい、実際に使ってからね。
感覚的なものが大切。

さてと、うちの婆やにiPadを1台買って上げようかな。
これなら、婆やでも操作できそうだ。

ネット上にはあふれるぐらいの記事があります。
販売されたら、今度はブログやツイッターやUstreamの嵐の予感。
タグ:AAPL

報道協定破り??

なんと! Apple、報道協定を自ら破ってiPadアプリをすでに公開中
by MG Siegler on 2010年4月2日

ええー。
もうレビューまで出ているみたいだし。。。

しかし、実にうまい演出。
宣伝費かけなくても勝手にみんな盛り上がってるし。。。

アップルへの投資が一番素敵。
でもこれまでの道のりは大変だったけどね。。。


iPadは位置情報サービスで使うのにはデカすぎる? しかしGowallaはiPad版を開発中(スクリーンショットあり)
by Erick Schonfeld on 2010年4月2日

って、iPadはおもちゃみたいなネットブックを壊滅させる威力満載。

ハードキーボードがネックだったのかもしれない。

少し前まで、やはりハードキーがないと。。。
なんて思っていた人が多いかもしれない。

でも、あのちっちゃいiPhoneでも今やソフトキーボードなしではかったるい。
ちなみにau携帯のテンキー入力を久しぶりにやってみたら、面倒くさいことこの上ない。

iPadは一回り大きいから、ソフトキーボードはもっと打ちやすい。
ハードキーボードがいらなければ、すべてがうまく無駄なく納まるのだ。

常識を変えていける企業がアップルなのだろう。
投資先からは絶対に外せない企業。

でももう20年以上持っている。
結局、企業とは成長性なのだ。
タグ:AAPL

2010年04月01日

アマゾンのほうが遥かに安い…

ビッグカメラで、防水タイプのハードなデジカメを探す。

ビッグカメラ 39800円ポイント10%
アマゾン   30500円

う〜ん、全然勝負になってない。。。
というわけで、実物をみてからアマゾンで購入。

アマゾンの高PERが説明できるのならば、参入したいが、、、
アマゾンに比べると、アップルやグーグルは安い、あくまでアマゾンと比べればですが。
タグ:AMZN

ust

ustream

ってわかりますよね。
ライブはほとんど「番組」です。
音楽もトークも。。。

この臨場感はテレビにはない。
なぜかというと「有象無象」だからだ!!

ブログもツイッターも同じ。

その魅力は「有象無象」「玉石混淆」にある。
そう「玉」が混じってるってこと。

一時的な流行に終わるのかどうかわからないけど、ツイッター的なるものは今後も続くだろう。ブログとは全然違う。もっと「会話」に近い。

それでも、「データベース」という意味はどれも持っている。

ツイッターも、twilog でちゃんと記録を残してます。
3000ツイート?以上は消えちゃうらしいから。

ツイッターはアイディアをメモするのに最適。
パソコンや紙より圧倒的に便利。

ただし、投資的には全然わからん!!
posted by kenta++ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする