2009年10月30日

環境対策で任天堂が最下位

環境対策で任天堂が最下位 1位ノキア、保護団体の評価
2009/10/30 19:19 【共同通信】

グリーンピース・ジャパン、『環境に優しい電機メーカー・ランキング』を発表−−大手メーカー18社の有害物質・リサイクル・気候変動に対する取り組みを評価
〜全体のトップはノキア、日本企業のトップは東芝〜

Green Peace Japan 2009年10月30日

グリーンピースは、日本では過激な自然保護団体として有名ですが、世界的には研究者をたくさん抱えシンクタンクとして有名です。まあ、ここでも世界とのギャップがありそうです。

『環境に優しい電機メーカー・ランキング』

(2009年9月時点)|(2009年7月時点)
メーカー名 得点 / 満点 メーカー名 得点 / 満点
NOKIA 7.5 / 10 NOKIA 7.45 / 10
SAMSUNG 6.9 / 10 SAMSUNG 7.1 / 10
SONY ERICSSON 6.5 / 10 SONY ERICSSON 6.5 / 10
PHILIPS 5.9 / 10 LG ELECTRONICS 5.7 / 10
TOSHIBA 5.7 / 10 TOSHIBA 5.5 / 10
MOTOROLA 5.3 / 10 MOTOROLA 5.5 / 10
SHARP 5.1 / 10 PHILIPS 5.3 / 10
SONY 5.1 / 10 SHARP 5.3 / 10
APPLE 4.9 / 10 ACER 4.9 / 10
PANASONIC 4.9 / 10 PANASONIC 4.9 / 10
LG ELECTRONICS 5.7 / 10 - 1 = 4.7 / 10 APPLE 4.7 / 10
DELL 5.7 / 10 - 1 = 4.7 / 10 SONY 4.5 / 10
ACER 4.5 / 10 DELL 3.9 / 10
HP 4.5 / 10 HP 3.5 / 10
MICROSOFT 2.7 / 10 MICROSOFT 2.5 / 10
FUJITSU 2.7 / 10 LENOVO 2.5 / 10
LENOVO 3.5 / 10 - 1 = 2.5 / 10 FUJITSU 2.4 / 10
NINTENDO 1.4 / 10 NINTENDO 1.0 / 10


任天堂、ダントツの最下位。
ノキア、サムソン、いいですね。

アップルも最近ようやく本腰を上げて来ましたが、まだまだ中間どころです。
投資的に、こういうのも今後大きく効いてくるように思います。
タグ:任天堂
posted by kenta++ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

SG ターゲット・ジャパン・ファンド

SG ターゲット・ジャパン・ファンド 9月月報

ビックリしました。
組入上位10銘柄が、実にいさぎよいファンドです。

でも一番気に入ったのは、マンスリーレポートにある「運用チームからのメッセージ」。

”私の両親は、既に定年退職して年金生活を送っています。悠々自適と言う訳にはいきませんが、孫の誕生日に小遣いをくれ るぐらいの余裕はあります。しかし最近は、企業年金減額という穏やかならぬ話が出ており、なかなか安心しては暮らせない ようです。”

こういうコメントが書けるファンドだったらいいかも。
成績もワンダフル。
TOPIXに比べて抜群のパフォーマンスです。

設定(2000.8.31)来
当ファンド 135.32%
TOPIX -40.10%


少しだけ買って、月次報告をみるだけでもおもしろそうです。
え?
総資産4.68億円しかないのか、、、しかも無配当。
posted by kenta++ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 長期投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私の政治哲学」鳩山由紀夫(追補あり)

2009年8月10日
「私の政治哲学」
鳩山由紀夫ホームページ

今日の国会中継を聞いていて、「人間のための経済」「新しい公共」ということばが気になったので、アメリカで問題?になった「鳩山論文」をきちんと読んでみました。
ホームページに掲載されています。

” 現時点においては、「友愛」は、グローバル化する現代資本主義の行き過ぎを正し、伝統の中で培われてきた国民経済との調整を目指す理念と言えよう。それは、市場至上主義から国民の生活や安全を守る政策に転換し、共生の経済社会を建設することを意味する。 ”

これだけ読むと、完全に社会主義者です。
国民経済、という用語も右寄りでおっかない。
けれども、鳩山論文の最初を読むと印象がずいぶん変わります。

”しかし私の言う「友愛」はこれとは異なる概念である。それはフランス革命のスローガン「自由・平等・博愛」の博愛=フラタナティ(fraternite)のことを指す。”

” ひたすら平等を追う全体主義も、放縦に堕した資本主義も、結果として人間の尊厳を冒し、本来目的であるはずの人間を手段と化してしまう。人間にとって重要でありながら自由も平等もそれが原理主義に陥るとき、それがもたらす惨禍は計り知れない。”

自由だけでも平等だけでもない、右でも左でもない、中庸を求めているのだろう。

というわけで、冒頭の ”現時点では、、、” に続いていく。
中庸路線であれば、基本的には賛成したい。

貨幣価値に変えにくい価値、自然や地域性、手間のかかる職人技、おばあの知恵や方言といった文化的な側面など、貨幣価値に変えにくい価値は山のようにある。全国どこに行っても、同じような駅、同じような店ばかりでは、それこそ貧困だ。

という前提で、経済をみると、

財部誠一の「ビジネス立体思考」
民主党「内需」優先主義の奇妙さと危うさ
2009年10月26日

など、さまざまな批判があるのもよくわかる。
グローバリズム真っただ中の世界で、グローバリズムの行き過ぎを正そうとしているのだからあたりまえだ。

鳩山論文を読んでいて思うことは、「個々の人間」が彼のいう尊厳に値しうるような人間であることが大前提だということだ。「個々の人間」を性善説でとらえようとする「友愛」はとても魅力的だ。だけど、、、とどうしても現実を見つめたくなる。

人間というのは、「友愛」も「非情」も、「労働」も「バクチ」も含めて人間なんだと思う。そのどちらかではなくて、一人の人間のなかに矛盾するものがいっぱい詰まっているのが人間。

だから、あまりに「友愛=博愛」ばかりを力説されると、それもまた原理主義におちいる危険がある。私が一番嫌うのは「原理主義」なのかもしれない。「自由・平等・博愛」のバランスこそが大切。

とかなんとかいろいろヒントをもらえます。鳩山論文の原文ぐらいはしっかり目を通しておきましょう。

日本への投資判断としては、当然ながらあまり良いものにはなりそうもありません。だって、グローバリズム真っただ中の世界で、グローバリズムの行き過ぎを正そうとしているのだから。。。

でも、それはそれで行き過ぎなければ、とても良いことだと思います。

余談ですが、今日の国会答弁には「農業、林業」という言葉がさかんに出て来ました。民主党は、数年前から相当勉強していることだけは確かです。管さんが、林業に詳しいなんてビックリです。

内需だけではダメなことぐらい当然わかっているでしょう。

ところで「木材」って買えるんでしたっけ? 原油のように。ちょっと調べてみたい。木材は、大きくなるまでに時間がかかるし、環境関連だし、今後供給が逼迫してくると予想します。

と、投資家としての意地を張ってみる...

追記;
本日、ドコモをロスカット、個別リートも一部整理しました。
お忍び銘柄はもちろんお忍びのままです。
posted by kenta++ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧困? どこが?(追記あり)

(コメント欄にも少し書きましたが、記事にしておきます。)

見かけ上、上がったり下がったりするような指標(相対的貧困率)をなぜ「大臣のご指示により」これみよがしに公表するのか?

あきらかなミスリードです。
確かに笑っている場合ではないです。

私の回りにも、笑えない話しがいっぱいあります。

その1)
 保育園に入るために、偽装離婚して優先度がトップの母子家庭になる。保育園に入れるは、母子手当と生活保護をもらえるは、同居の実質だんなの月収はもらえるはで、たいへんなことになってます。

その2)
 農林業の知り合いより聞いた話。 最近、東京都のマークの入った引率者がプー太郎らしい若者を団体で引き連れて見学にくる。研修の一環らしく、彼らにはハローワークから「研修日当」まででるらしい。 それで再就職が可能ならいいけど、「あんなのは使えない。こっちがつぶれっちまうよ。」といわれています。

そりゃそうでしょ、農林漁業はおもしろいけど厳しい世界。自力でいろいろなところを回らなきゃ成功する訳がない。

これが、雇用対策費の実態(の一部)なんだから、全く笑えませんね。
現場を知らないと、ニュースなんかミスリードの嵐です。

月収が20万円いかなくても、食費は、外食とか加工食品しないで、「米」と「小麦粉」と「旬の野菜」と「魚」と「鶏肉」、あと「納豆」「卵」、、、があれば、それはそれはヘルシーでうまい食事ができると思います。住居は、空き家がいっぱいの旧公団の賃貸がいい(都心から少し離れれば3DKで8万円しないのもいっぱいあります)。民間のしょぼいアパートよりもよほどいい住環境です。衣料品は、さらに激安になってるし。


追記;

ちなみに、ほんとうの貧困を示す「絶対的貧困率」は以下のサイトのグラフが参考になります。

「相対的貧困率」について色々と考えてみる……(2)本当の「貧困」を世界と比べてみる

少し前のデータなので、今はどうかはわからないですが、大枠は参考になるのでは? 少なくともアメリカはもちろん、ヨーロッパの主要国よりいいです。日常の日本をみていても、ほんとうの意味での貧困はほとんどないです。少なくとも、私のまわりにはいません。生活保護の人はいるけど、とっても元気ですし。。。

posted by kenta++ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

相対的貧困率、なんじゃそりゃ??(追補あり)

相対的貧困率の公表について
平成21年10月20日
大臣官房統計情報部国民生活基礎調査室

”厚生労働大臣のご指示により、OECDが発表しているものと同様の計算方法で、我が国の相対的貧困率及び子どもの相対的貧困率を算出しました。
最新の相対的貧困率は、2007年の調査で15.7%、子どもの相対的貧困率は14.2%。”


”厚生労働大臣のご指示により”と断り書きがあるところがいいですね。
いやいや出してますって感じがよく伝わって来ます。

「相対的貧困率」の定義をよくみたほうがいい。わかりやすくざくっというと、年収の中央値(データを小さい順に並べたとき、中央に位置する値)を基準にしてその半分以下の人の割合。

しかも、全部の世代。

今の日本って、まだまだ既得権益層ががんばっているから(能力にかかわらず...)、若年層であるほど低賃金、高齢層であるほど高賃金です。若者の低賃金化よりも、能力のない中高年でもその能力以上に年収もらえちゃうのがいちばんの原因です。だれもいいたがらないけど、日本の企業の年功序列はそんなに急には変えられない。だから、相対的貧困率が高くなるのはあたりまえ。

中高年1人分で、若者2〜3人雇えちゃう職場、多いんじゃない? 私が独立したのは、それが理由だったことを思い出しました。NGOなのに、安っすい賃金の若者がリストラされそうになってましたからね。

でも、可処分所得200万円もあって、「貧困」という表現は誇張です。。。 生活保護のが働くよりもましな国ですよ。。。 まったく頭が貧困ですね。ほんとうに貧困な人がみたら怒りますよ。

で、グラフをみるとさらに笑えます。

鳩山首相が「貧困率が上がったことをうけてひどい」と語ったそうですが、2003年小泉政権全盛時の「官から民へ」「グローバリズム」真っただ中のときに相対的貧困率が下がってます。これは、どう説明なさるのでしょう??

「生活保護の年収300万円」は果たして「弱者に厳しい国」だろうか=本誌編集部
(SAPIO 2009年7月8日号掲載) 2009年7月16日(木)配信

というわけで、相対的に見て、セーフティーネットも悪くなさそうです。



しかし、

最低賃金を上げて、雇用対策とか、、、
官から民へ逆行して、政治主導とか、、、

などなど、訳の分からないことがいっぱいあっておもしろいけど??
外資でなくとも退散するだろうな。

「競争社会から手当へ」
そんな甘っちょろいことが長続きする訳もなく、今のままだと案外早い段階で、市場が大きく反応するような気がします。

高福祉国家の北欧は、社会福祉と引き換えに超競争社会。解雇などもかなり自由に行える。だって、高福祉なんだもの。

そのぐらいの覚悟が国民にあるようには到底思えず、「民から官へ」的なながれが続くようだと、民間の活力は間違いなくそがれるでしょう。

モラトリアム(3年も返済溜めたらおそろしい、、、)も最低賃金(雇えなくなる、、、)も、中小企業の選別(倒産するところはさっさと倒産させる)しているのと同じなんだと思うけど(それはそれでいいことなんだけど、、、)。知人の経営者は、そんなことよりも、借金に政府保証をつけてくれることがいちばんありがたいともうしておりました。

というわけでもないのですが、市場経済もグローバリズムも嫌いなようですから、経済政策は期待薄。せめて、「子ども手当」と「公立高校の実質無償化」だけはきちんとやって欲しい。地味だけど、これぐらいしか経済対策ないのですから...

少し逃げておくかな。
posted by kenta++ at 18:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

投資立国がいいのでは?

今の日本は、「お金だけ持ってる高齢者」のような国です。

ざくっといって、現預金のまま国債を通して政府にお金を預けていても、リターンが得られるはずもありません。せいぜい、間接経費を抜かれたあとの「手当て」ぐらいのもの。

ほんとうは、高齢者なのだから、お金を海外の元気な新興国企業や、国内のベンチャーに預けた方がいいに決まっています。

レバレッジかけなければ、それほどリスクがある訳でもなし。むしろ、リターンで日本は豊かになるでしょう。そうすれば、「格差」や「貧困」にも潤沢な資金が振り向けることができます。

以上。
って、経済を活性化するのに他にいい方法あるんかいな?? 問題は運用をどうするかだけ。

単なる個人的メモです、あしからず。
posted by kenta++ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資環境メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

任天堂売り、ドコモ様子見

今週もポートはほとんど変化なし。

任天堂はさっさとリカク。ドコモはほんとうに年初来安値を目指してるような勢いで下げてます。どうしましょ... 日本株に見切りをつけた大口が継続的に売っているような感じがします。

JPはもう少し留まるかとも思いましたが、IRがだんまり状態ではこんなもんでしょ。でも、逆にもしも前向きな発表があったら、、、なんて考えるのもやめておきます。お忍び銘柄ですから。
タグ:任天堂 DoCoMo
posted by kenta++ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在のポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AMZN、一日で26.8%アップですか...

アップルを一部リカクしたときに、予定通りアマゾンに分散しておけばよかった。
想定が当たっていても儲からないのは、まあこんな時ですね。

ここでは、買いません。
指をくわえてみてるだけ。

それにしても、グーグル、アップル、アマゾンと続いた決算は絶好調。
反面、マイクロソフトはぜんぜんダメ。

MSの製品は、仕方がないから使っているものばかりです。
日本にいるこの私でさえもが、喜々としてつかっているような製品やサービスでなければ、グローバルでは生きられない。

任天堂ものんびりしてると足元をすくわれそうな勢いです。すでにゲームはゲーム機から離陸しているような感じ。

まるで野党のような新政権は、経済政策なしで、雇用対策ってありえんでしょうに。。。
いろいろいい面もあるのに、日本経済がどぼんしてしまっては手当もなにも出ないでしょ。

手当目当てや、国内での消耗戦にあけくれる国内企業よりも、イノベーションで新しい価値を産み出す海外の企業のほうが圧倒的に魅力的です。新興国に進出する企業の株を買うぐらいだったら、新興国の株を直接買う方がいいに決まってます。
タグ:AMZN

2009年10月23日

アマゾン 3Q & kindle(追記あり)

AmazonのQ3決算,28%増収で68%の大幅増益,Kindleが好調
(ITpro)  [2009/10/23]

3Q決算前に買う予定が、、、3Q決算を受けて時間外で$100超え。。。

しかし、いい感じ。
kindleは利益率がいいので、これからは利益率も改善されそう。ってすでに大幅な増益。

「kindle for PC」は、まさにiTunesのアマゾン版。Googleよりもおもしろいと思います。
アマゾン、仕方がないのでちょっと買いたいと思いますが、PERが気になって完全に出遅れました。

「kindle」のマック版もブラックベリー版もでるようなので、ワンテーマいきそうないきおいです。ちなみに、iPhone版はすでにでています。

楽しいので、損してもいいや...笑
kindleも購入してみたいと思います。


追記;2009/10/23 21:20
いきなり107ドルですか、、、
しばらく指加えてみてることにします。

2009年10月21日

アップル、次々と新製品、、、

ラウンドアップ:アップル、Mac製品ラインを一新--新型マウスも発表
CNET Japan Staff
2009/10/21 17:00

24インチiMacを購入したばかりなので、今のところ個人的に欲しいものはありません。

「iPhone」ゲーム新時代--アプリ開発とOSの進化が紡ぐ無限の可能性
文:Daniel Terdiman(CNET News)
翻訳校正:川村インターナショナル
2009/10/20 07:30

むしろ、こちらのほうが興味をそそります。
アプリ内での課金をはじめ、いろいろなアプリの可能性がいろんなところで開発されつつあります。

日本でも、飲食店で使われ始めているようですし。
ほんと、まだまだこれからという感じ。

こうやってみていくと、iPhoneの可能性はまだまだ始まったばかりなのかもしれません。世界的にみても。

Androidもkindleもおもしろそうではあるけれど、う〜む感はありますね。Androidはガジェットがばらばらだし、むしろシンプルなkindleのほうがおもしろいかも。とはいえ、iPhoneの可能性に比べたら、、、

というわけで、3銘柄への分散に迷いが生じています。

2009年10月20日

アップル、素晴らしすぎる決算...

アップル、第4四半期決算を発表--MacおよびiPhoneの売り上げが好調
文:Erica Ogg(CNET News)
翻訳校正:湯木進悟
2009/10/20 08:13

う〜ん、予想をはるかに上回る結果です。
先日の一部リカクが惜しまれますが、まだまだ持ってますし、リスクヘッジの一環なので仕方がないところ。ちょっと持ちすぎてましたから...

にしても、すごいです。
大昔からのアップルファンにはたまらん展開です。
グーグルにないのは、iPhoneやiMacのようなガジェットと、iTunes。

安くなったら、日本にいる私がめっちゃ使ってるAmazonでも買いたいところですが... 利益率が悪いので躊躇。ステキらしい(笑)ガジェット、kindleの存在が気になるところです。まだ懐疑的なところが魅力的かも????? 

iTunesとはぜんぜん違いますが、アマゾンってショップ自体がiTunesみたいなところがあるからあなどれません。家電やデジタルなどもかなり安いし、量販店よりもマイナーな良品まであって品揃えがいい。さらに素早い配送システム(在庫管理含む)と決済システム。書店のイメージから脱皮できる日も近いかも。
タグ:AAPL AMZN

2009年10月18日

この世でいちばん大事な「カネ」の話 ★★★★★

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
西原 理恵子
理論社
売り上げランキング: 383
おすすめ度の平均: 4.5
5 お母さん、お父さん達、子供が独立する前に是非!
5 カネというより心の話ですね
4 お金は大事
5 鳥肌が立ちました
5 自分探しの旅を始める前に、まず読んでみるべき本


サイバラ本のつづきです。
前回のFX体験記「太腕繁盛記」とはうってかわり、★5つです。
ちなみに太腕のほうは★なし...(でもおもしろい)

こちらはとてもマジな本です。
「お金」についてサイバラさんがリアルに語っています。
子どもに読ませたくなった一冊。

投資以前の話しですが根性あるよ、投資も同じなんだよね、ほんとうは。
さすがサイバラ!!

「だとしたら肝心なのは、トップと自分の順位を比べて卑屈になることじゃない。(中略)最下位の人間には、最下位の戦い方がある!」
posted by kenta++ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

Android

Andoroidケータイなんてマニアックだなんて思っていましたが、いろんなメーカーが参入していますから侮れません。

iPhoneの牙城を崩すとしたら、Andoroidケータイぐらいしかない。問題はiTunesにかわるものがどうなるかにかかっています。

Googleさん、一番肝心なところがよくわかりませんが、通信キャリアと関係なくなりますから、ソフトバンクしかないiPhoneはどうしても不利。

Google株はドンドン高くなってしまい指くわえて見物状態だし、意外とドコモあたりがおもしろいんじゃないかな?

ドコモは年初来安値を目指してるのか⁈ 変な動きです。

J-REIT:日本アコモF<3226.T>が公募増資

日本アコモF<3226.T>が公募で200億円調達へ、リートの公募増資は1年3カ月ぶり
2009年 10月 16日 22:41 JST Reuters

ほんとうにひさしぶりのJ-REITの公募増資です。

ようやく少し正常なリートに戻って来たようです。リートの場合は、公募増資をして新規不動産を組み入れて外部成長をするのが健全ですし、規模が大きくなるといろいろな施策が打てるので安定します。

ほんとうはもっと早く不動産が激安時に仕込んだ方がよかったのですが、、、まあ今でも数年前に比べればかなり安いでしょうからいいのではないでしょうか。

おそらく、「公募増資」=「株式の希薄化」ということだけで売込まれるでしょうから、少し買ってみたい気もしています。もちろん値段次第ですが。

何回も書いてるように、エクイティファイナンス(株式の発行を伴う増資)ができるのであればそれがいちばんいいに決まっています。J-REITでも今後は他銘柄でも次々に出てくるでしょう。一般企業と違うところは、不動産を適正価格で購入すればほぼ確実に収益に結びつくところです。公募増資で安くなるのであれば、そこで買うのがいちばんいい。あたりまえですが。

日本アコモは、負債比率が高いので敬遠していましたが、増資がうまくいくかどうか非常に興味深いところです。

上限:214億3062万円
期間:10月27日から30日のいずれかの日に条件決定
払込期日:11月4日から9日のいずれかの日
共同主幹事:野村証券、メリルリンチ日本証券

さていかに?
posted by kenta++ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産・REIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

セカイカメラ

行政も拡張現実に興味 岐阜県にセカイカメラ用散策コース
2009年10月15日 20時35分 更新 ITmedia

パリのシテ科学産業博物館、展示案内にセカイカメラを利用
セカイカメラがパリのシテ科学産業博物館の展示物を「拡張」する。位置測位にはクウジットのPlaceEngineを利用。
2009年10月07日 21時14分 更新

なんか予想より早い展開になってきました。
今のところ、個人的にはつかいものになってませんが、、、笑

目的を絞った使い方の方がいいようですね。

Android版も準備されているようなので、いろいろなものが今後出てくるでしょう。
タグ:AAPL GOOG

2009年10月15日

USDとJPYだけ安い

NZD67円台ですかー

USDとJPYのキャリートレード状態ですが、いつか来た道。

USDだけみてると円高だけど、そうじゃない。問題はただひとつ。キャリーがどこで崩壊するか?

でもなあ、前回の全面安の時も行くとこまで行っちゃいましたからねー

低金利通貨の方が価値は高くなることをくれぐれもお忘れなく。

サイバラ本読んでバクチうたんように...笑
posted by kenta++ at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 外国為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

西原理恵子の太腕繁盛記 FXでガチンコ勝負!編

西原理恵子の太腕繁盛記 FXでガチンコ勝負!編
西原理恵子
新潮社
売り上げランキング: 51
おすすめ度の平均: 5.0
4 FX入門書としてはおすすめできませんが、西原ファンなら買い
5 最高のFX入門書
5 我が身を張った体験記
5 新たなたぬと組んだサイバラの懲りないバクチ
5 究極のレバレッジ・・・というかバクチ(笑)


連休最初の日にぺらぺらっと読んだ。

ぶっ!!

実は最初読んだときは、ぜんぜんおもしろくなかった。
でも今日読み返してみたら、なんだかほろほろとした気分。
なんというか、とてつもなく人間的で明るい。

しかし、世の中にはレバレッジ200倍とかほんとうにやる人いるんですね。

確かに、一発逆転の可能性があるわけで、なぜか途中で登場する森永卓郎大先生もこう表現している、あの森永さんが。

「短期間で合法的にお金を増やさなきゃいけないとき、FXは最も効率的な手段だと思います。もちろんそれだけのリスクはありますが。」

う〜ん、なんだかもの悲しくなるほど人間的だけど、やっぱり大損どころか破滅間違いなしのほろほろした一冊。

バクチ、まさにバクチとしてのFXの本です。
でも決してマネしないように...

自分は、FXはヘッジにしか使ってないので、せいぜいレバレッジは2〜3倍程度。しかも、米ドルの売りなんか、すでに1年3ヶ月も持ち続けているから、なんだか別世界って感じで、妙に新鮮。。。 

だけどね、FXって個人で外貨の売りができるから大好き。しかも小額の元手でも可能だから、外国ものの投資をやってる人はこれをうまく使わない手はないと思う。って実際はやっぱり難しいけど...
posted by kenta++ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介など... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

今週は久しぶりにいじりました...

リーマンショック後の基本方針はそのまま。

「高配当」と「元本の成長」の両方狙えそうな銘柄中心に買い。

高配当でないのはAAPLとGSGぐらいでしょうか。まあ、だいたいそんな感じです。

○新規購入
任天堂:200株だけ購入(配当がそのままであれば5.7%ぐらい)。
世界家主倶楽部:まだ少し。完全に買い遅れ。。。配当金利回りは現在の45円が続けば、約15%ですが実際にはこんなに高くないはず。

○利益確定
AAPL:$191で約1/3のみ売却。

<現在のPF>

■株式個別
AAPL(1/3リカク)、ドコモ(追加)、任天堂(初)
お忍び銘柄〜インフォマ(そのまま、絶好調)、JP(そのまま)

■株式ファンド
EEM(そのまま)、世界配当倶楽部(そのまま)

■J-REIT個別(そのまま)
福岡、プレミア、フロンティア、日ロジ

■J-REIT 指数
東証リート指数連動ETF(そのまま)

■World REIT(日本除く)
世界家主倶楽部(初)

■商品指数連動
GSG(そのまま)

■外貨(そのまま)
USD, EUR 売り
NZD 買い

外貨はなにも売り買いしてませんが、このポジションは快適〜〜〜いまのところですけど。NZDで大きなスワップが入るので、これまでの売りポジションでのマイナススワップがプラスになっちゃいました。

J-REITもいいのだけど、少し持ちすぎかな??
posted by kenta++ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在のポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

任天堂&ドコモ

その1)任天堂
さきほど今日の終値を見てビックリ。
いきなりどーしたんでしょう??
一日で一単元あたり15万円の上げ。

その2)ドコモ
以前にも書きましたが、ドコモが再び13.5万円割れ。
昨日から念のため出しておいた指値13.45万円が約定しています。
それにしても結構派手に動きますね...

結論)
短期はさっぱりわかりません。
高配当の銘柄を下値(かどうかわかりませんが...)で拾っておきます。
タグ:任天堂 DoCoMo
posted by kenta++ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 個別株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Apple、一部リカク...

$150の予定が$191にて、昨日買い増し分のみリカクしました。
ラッキーのみです。
今年に入って、はじめての大きなリカクです。

さて、AAPLは今後ビジネス用としても展開しそうなので残りはそのままにして、どこかのタイミングで、GOOG(Google), AMZN(Amazon)を買いたいと思います。どちらもアップル同様、日本にいるこの私自身がもっともよく利用している企業ですから。

この勢いだと、素直に引き継いでもいいかもしれないけど、今年の最高値圏ですから買いにくい...どうしましょう...

aaplamzngoog.gif

この1年間のパフォーマンスをみても、アップルが抜きん出ていますから、そのまま受け継いでもよし、どこかで崩れるまでキャッシュで待つもよし、、、ってこういう状況は結構むずかしい。
タグ:GOOG AMZN AAPL